郷土愛いっぱいの新藤さん

 17日まで名古屋市の中日劇場で開演されている舞台「だいこん」に出演中の俳優、新藤栄作さんは日高川町寒川の出身。舞台は江戸下町の人情物語で、新藤さんは町の火消し役を演じている。初日となった4日には寒川地区の住民ら町民35人が観劇。新藤さんが登場の場面では大きな拍手が送られ、終演後は舞台で記念撮影。新藤さんは、故郷からの応援団に「生まれ故郷の方々と久しぶりにお会いでき、とても懐かしい思いでいっぱいです」と大感激していたそうだ。
 筆者も新藤さんとは何回か顔を合わせたことがあり、取材したり話したことはないが、とっても気さくな人柄という印象。新藤さんは毎年、紀の国美山マラソン大会に参加し、一般ランナーとともに楽しそうに息を弾ませ、会場では地元住民らとの会話に花。閉会式では、入賞者への景品贈呈の際にジョークで会場を楽しませ、そんな姿にいつも心が温かくなる。筆者がカメラを向けると、走っているときには手を振ってくれ、会場では笑顔で対応してくれる。舞台初日には終了後に、劇場が入っているビルで新藤さんは法被姿となって名古屋市民に町の特産品が当たるくじを勧めたり、観光パンフレットを手渡したりするなど日高川町を熱烈にPRしたそうだ。
 そんな気さくで、郷土愛いっぱいの新藤さん。昭和59年にNHK朝の連続テレビ小説「心はいつもラムネ色」で主役デビュー。以来、テレビドラマや映画、舞台などで幅広く活躍しておられ、筆者もテレビドラマで拝見することがある。数年前からマラソン大会が休止となり、会える機会が少なくなったことは町民ともども寂しい限りだが、これからも美山が生んだ俳優の活躍を心から願い、応援していきたい。    (昌)

関連記事

フォトニュース

  1. 町長さん、わざわざありがとうございます

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る