梅パワーで全国制覇を

 南部高校軟式野球部が、25日から兵庫県で開幕する全国大会に出場する。平成7年以来19年ぶり2度目。前回は作新学園(栃木県)と対戦し初戦敗退となったが、ことしこそは優勝目指して頑張ってもらいたい。
 南部高校は野球の伝統校だが、特産の南高梅の名前の由来にもなっている。昭和25年から30年代にかけて、同校の竹中勝太郎教諭が中心となって生徒たちとともに梅の優良品種の選抜に取り組み、晩稲の高田貞楠氏が所有する高田梅を昭和40年に農林種苗登録した。それがブランドとなっているいまの南高梅。当時、竹中氏は母校の名をとって『南高』と名付け、「将来この梅とともに南高の名が全国に広がり、栽培農家を幸せにしてくれることを願う」と言ったといわれている。
 以後、みなべ町では先人が開発した南高梅を生かして地域づくりを進めている。同町の発展は梅にあったと言っても過言ではないだろう。近年は梅の機能性の疲労回復効果に着目し、スポーツと関連付けた事業「梅=スポーツ」に取り組んで消費拡大に努めている。去る11日、同校野球部が小谷芳正町長に全国出場を報告した席上でも梅干しを贈り、「梅干しを食べて頑張ってもらいたい」と激励した。
 だが、その梅の消費が近年低迷。若者世代が梅干しを漬けることが少なくなったことなどが要因だ。農家の収益も減少しているのは事実で、産地にとってはピンチである。
 南高梅の由来でもある南部高校の軟式野球部が全国の舞台で活躍することは、梅のPRにもつながる。練習の成果を存分に発揮するとともに、梅がスポーツに効果的だということを証明する機会でもある。 (雄)

関連記事

フォトニュース

  1. そり立つ壁をよじ登れ!

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

  1. 第23回日高町ふれあい祭

    11月 16 @ 12:00 AM - 11月 17 @ 12:00 AM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る