自己顕示の虚言が事実に

 「目立ちたかったからだよ。誰からもかえりみられず、静かに人生を終えようとしている老人が、このときばかりは自分のいうことにみんなが注目しているんだ…」。映画『12人の怒れる男』の名シーン。殺人罪で起訴された黒人少年を有罪とするに、年老いた男性の決定的な証言が崩れ始め、ハナから有罪と決めつける白人陪審員が「じゃあなぜあの証人がそんなうそをつくんだ!」とわめく。そこで、証人と同じ年寄りの陪審員が切り返す。
 いわゆる従軍慰安婦問題をめぐる報道で、朝日新聞が自社の記事の誤りを認めた。昭和57年、元山口県労務報国会下関支部動員部長と称する吉田清治氏が『私の戦争犯罪』という本を出版。朝日新聞はその内容をうのみにして報道、これが韓国の反日感情に火をつけた。
 事件の舞台とされた済州島の地元紙記者がそのことを徹底的に調べたが、「200人の朝鮮人女性を狩り出した」という吉田証言を裏付ける話はどこにもなかった。島民は「日本人はなぜこのように、自国を貶めるうそを本にするのか」と不信の目を向けた。
 平成8年には法学博士秦郁彦氏の追及に対し、吉田氏自身が「済州島の慰安婦狩りは虚構を交えてある」と捏造を認め、2年後には同じく秦氏に「本に真実を書いても何の利益もない…事実を隠し、自分の主張を混ぜて書くなんてことは、新聞だってやってることじゃないか」と開き直ったという。
 レベルは違えど、人に注目されたいという自己顕示欲は誰にもある。利にさとい活動家らに担がれ、注目を浴びるうち、自分の中の虚構がいつしか事実となってしまう。映画の陪審員のように、新聞も読者も、まともなバランス感覚、妄言を見抜く直観力が求められる。    (静)

関連記事

フォトニュース

  1. これで気分も明るくなれば

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る