全日本世代交流GB 美浜煙樹が銅メダル

 内閣総理大臣杯第31回全日本世代交流ゲートボール大会で、和歌山県代表として出場した美浜町の美浜煙樹が3位と大健闘。悲願のベスト8突破を果たし、見事、県勢初のメダルを獲得した。8日には代表の松本隆吉さん(67)らメンバーが役場に森下誠史町長を訪ね、「猛暑のなかの試合はコンディションづくりもたいへんでしたが、目標に向かって心を一つに戦うことができました」と笑顔をみせた。
 世代交流ゲートは15歳以下1人、65歳以上1人を含む3世代(5人)でエントリーするのが条件。大会は埼玉県熊谷市で開かれ、ことしは予選を勝ち抜いた40チームが出場。美浜煙樹は松本さんのほか松洋中1年の鈴木義幸君(12)、JA紀州職員の中村文哉さん(25)、井口智文さん(58)、山本正孝さん(64)の4人で臨んだ。
 群馬、福井、香川との予選リーグは3戦全勝で突破。上位10チームによる決勝トーナメントはシードとなり、初戦で島根の坂下を18―5で下し、和歌山県勢初のベスト4進出を決めたが、準決勝は徳島の小松島Bに12―17で悔しい逆転負けを喫した。優勝は鹿児島の佐多キング、準優勝は小松島Bで、準決勝敗退の美浜煙樹と宮城(宮城県)が3位となった。
 主将の中村さんは「初戦の坂下戦は前半は競り合っていましたが、後半に井口さんのプレーで流れを引き寄せて勝つことができました。準決勝の小松島Bは逆に序盤はうちのペースでしたが、後半に1つのミスからペースを乱し、逆転されてしまいました」と大会を振り返り、ベテランの松本さんと山本さんは「決勝はどこが優勝してもおかしくない強豪ぞろいで互いに手の内を知ったチームばかり。あらためて1つのプレーが流れを変えるゲートの怖さ、面白さを感じました」と話していた。
 森下町長は「暑いなか本当にお疲れさまでした。ベスト8の壁を破り、県勢初のメダル獲得ということで、美浜の名前を全国に知らしめていただけたことをとてもうれしく思います」と活躍をたたえた。

関連記事

フォトニュース

  1. 梅業界の発展を願って

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る