美浜町出身イラストレーター龍神さんが半沢直樹最新刊手がける

 美浜町吉原出身で東京三鷹市在住のイラストレーター、龍神貴之さん(35)が、池井戸潤の半沢直樹シリーズ最新刊『銀翼のイカロス』(ダイヤモンド社)の装画を担当した。昨年はスタジオジブリの映画『風立ちぬ』の原作文庫本を手がけ、今回の『銀翼のイカロス』もオリコン週間「本」ランキングで初登場首位を獲得するなど、業界内でも注目の存在となっている。
 日高高校時代はサッカー部に所属し、卒業後は大阪の映画関連の専門学校で学び、在阪テレビ局の情報バラエティー番組などでADを経験。22歳で上京後、「それまでは趣味程度だった」絵を本格的に勉強し、アルバイトで生活費を稼ぎながら、28歳ごろから少しずつ仕事の依頼を受けるようになったという。
 作品は小説の装画や雑誌の表紙、挿絵が多く、昨年は堀辰雄の『風立ちぬ』をスタジオジブリが映画化するにあたり、角川文庫から古い装画を新しくしたいと依頼を受け、映画の公開に合わせて発売された。昨夏のテレビドラマ化で話題となった半沢直樹シリーズの池井戸潤の作品では、『ルーズヴェルト・ゲーム』の文庫本(講談社)も担当しており、ファン待望の最新作『銀翼のイカロス』は「小説を読んでいくつかのパターンを描いたなかで、『私はこれがいいと思うんですが…』といった絵を選んでいただき、作者の池井戸さんにも気に入っていただけました」。現在は角川書店の第21回日本ホラー小説大賞でグランプリに輝いた雪富千晶紀の『死咒の島』の単行本の制作にかかっている。発売は10月。
 龍神さんは「こんな作品を描きたいとか、有名な作家の単行本を描いてみたいとか、そんな夢や目標というよりも、いまは日々依頼された仕事を喜んでいいただけるよう、精いっぱいです。小説の絵は、まずその作品を読んで作者の伝えたいテーマや世界観を自分なりにイメージするんですが、池井戸さんの『銀翼のイカロス』はそういう意味ですごくうれしく、いい仕事をさせていただいたと思っています」と話している。

関連記事

フォトニュース

  1. 来年はボクらの年だよ

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 写真=広島県江田島の海軍兵学校へ入校した俊一さん スマートな海軍に憧れて 日高地方の基幹病院であ…
  2. 写真=軍服の左胸につけていた歩兵第61連隊の徽章 連隊の自信と誇りを胸に 「最近、こんな物を手に…
  3. 写真=海軍の軍服に身を包んだ若き日の吉野さん 潜水艦搭乗で胸を病み夭折 今年の連載第1回(8月5…
  4. 写真=保養所で療養していた当時の坂本さん(後列右から5人目) 戦死した兄の敵を討つ みなべ町埴田…
  5. 写真=国民学校時代の体験を話す木下さん 子どもたちの生活にも暗い影 1931年(昭和6)の満州事…

Twitter

書籍レビュー

  1. 写真=よい睡眠について語る木村さん  ヤクルト御坊センター主催の健康教室が、美浜町吉原の新浜集…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る