美浜町出身イラストレーター龍神さんが半沢直樹最新刊手がける

 美浜町吉原出身で東京三鷹市在住のイラストレーター、龍神貴之さん(35)が、池井戸潤の半沢直樹シリーズ最新刊『銀翼のイカロス』(ダイヤモンド社)の装画を担当した。昨年はスタジオジブリの映画『風立ちぬ』の原作文庫本を手がけ、今回の『銀翼のイカロス』もオリコン週間「本」ランキングで初登場首位を獲得するなど、業界内でも注目の存在となっている。
 日高高校時代はサッカー部に所属し、卒業後は大阪の映画関連の専門学校で学び、在阪テレビ局の情報バラエティー番組などでADを経験。22歳で上京後、「それまでは趣味程度だった」絵を本格的に勉強し、アルバイトで生活費を稼ぎながら、28歳ごろから少しずつ仕事の依頼を受けるようになったという。
 作品は小説の装画や雑誌の表紙、挿絵が多く、昨年は堀辰雄の『風立ちぬ』をスタジオジブリが映画化するにあたり、角川文庫から古い装画を新しくしたいと依頼を受け、映画の公開に合わせて発売された。昨夏のテレビドラマ化で話題となった半沢直樹シリーズの池井戸潤の作品では、『ルーズヴェルト・ゲーム』の文庫本(講談社)も担当しており、ファン待望の最新作『銀翼のイカロス』は「小説を読んでいくつかのパターンを描いたなかで、『私はこれがいいと思うんですが…』といった絵を選んでいただき、作者の池井戸さんにも気に入っていただけました」。現在は角川書店の第21回日本ホラー小説大賞でグランプリに輝いた雪富千晶紀の『死咒の島』の単行本の制作にかかっている。発売は10月。
 龍神さんは「こんな作品を描きたいとか、有名な作家の単行本を描いてみたいとか、そんな夢や目標というよりも、いまは日々依頼された仕事を喜んでいいただけるよう、精いっぱいです。小説の絵は、まずその作品を読んで作者の伝えたいテーマや世界観を自分なりにイメージするんですが、池井戸さんの『銀翼のイカロス』はそういう意味ですごくうれしく、いい仕事をさせていただいたと思っています」と話している。

関連記事

フォトニュース

  1. ええ感じやで

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る