日高川の報奨金問題 百条委が中間報告

 財団法人ふるさと振興公社、元嘱託職員の男性(55)による有害鳥獣捕獲報奨金の不正受給疑惑問題の全容解明に当たっている日高川町の議会百条委員会の原孝文委員長は6日、臨時議会のなかで、中間報告を行った。証人尋問の結果、元嘱託職員が町との話し合い同様に「何もしていない」と容疑を否認していることを明らかにし、今後裁判となる可能性もあることから、早期の全容解明は困難と判断、検察庁の動向を注視しながら調査を継続していく方針を示した。
 元嘱託職員の男性(3月5日に解雇)は、虚偽の書類申請で町から10万5000円を不正にだまし取ったとして、3月24日に書類送検されている。現在のところ、起訴か不起訴か確定していない。県警の捜査では被害が裏付けされたのはこの7件の容疑で、県警の発表では「100件以上はやった」とも供述しているという。この問題を受け議会では百条委員会を設置。これまで7回の委員会を開き、関係書類の調査や関係者に話を聴くなどして事件の全容解明に努めてきた。
 この日、原委員長は委員会設置の経緯とこれまでの調査内容を報告。それによると証人尋問では、元嘱託職員は不正受給の方法・件数等、警察の証言について「警察で何を言ったか覚えていない」「警察で立件された7件、(供述したと発表があった)100件以上についても覚えていない」「警察でも〝覚えていない〟と言った」「私は何もしていない」と回答。提出した報奨金申請の確認作業(誰がどのように行ったか)には「分からない。確認作業に関わっていない」、問題の舞台となったジビエ工房で受け付けた申請に対する報奨金の受け渡し方法は「公社決済のあと、領収書へ名前を書いて公社の係から受け取った。それ以上は分からない」と答え、立件された7件を含めすべて事件との関わりを否定している。元ジビエ工房担当職員は、不正を見つけられなかったのかの質問に対して、「持ち込まれた獣の確認はほとんどすべて私が行い、問題はなかった」と答えている。
 しかし、元嘱託職員の報奨金申請が年間425頭と驚異的に多く、委員会では不正の可能性が高いと見られる申請と現金の受け取り方法について▽捕獲した1頭の獣で2回申請した 農家などに処理を任された獣を自分が銃で捕ったと申請した▽他人が申請しすでに報奨金が支払われた獣を再度自分が捕ったと申請した――などと推測。これらの方法で報奨金を受け取ったとする着眼点で調査していることも明かした。
 原委員長は今後の調査の進め方として「元嘱託職員の男性が検察庁でも否認を続けるなら、裁判になる可能性が高く、事件の全容解明にはしばらく時間を要することになる。検察庁の動向を注視しながらさらなる書類調査、また必要な関係者の証人・参考人招致など行いながら全容解明に努める」と述べた。最後に、調査のなかで制度の不備や改善点が明らかになったとし、第1次提言として銃(1万5000円)とワナ・オリ(6000円)の報奨金の統一、申請受付を本庁・支所に限定し複数の職員が担当する、捕獲者個人への振り込みによる報奨金の支払い、はっきり認識できる証拠写真の提出としっぽ・耳など現物確認、証拠物は細かく断裁して焼却処分することなど求めた。

関連記事

フォトニュース

  1. おはよ~さ~ん

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

  1. 日高町第3回納涼夏祭り

    8月 25 @ 3:00 PM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る