南部高校生が47都道府県ののぼり製作

 来年開かれる「紀の国わかやま国体」を盛り上げようと、南部高校の美術部員が全国47都道府県ののぼりを製作している。各地の特産品や方言などを描いた温もりあふれるイラストをデザイン。夏休み中に仕上がる見込み。同校は山岳競技の会場にもなっており、来年6月に開かれるリハーサル大会でお披露目して選手を歓迎する。
 みなべ町の国体実行委が同校に依頼し、美術部の12人が7月中旬ごろから製作に取りかかっている。のぼりは縦180㌢、横60㌢。各地の特徴や名物、方言などを取り入れたデザインを自分たちで考案し、各都道府県別に製作している。例えば、和歌山県ではミカン、ウメ、モモの農産物のイラストを描き、青森県ののぼりは「頑張れ」という意味の「けっぱれ」という言葉を取り入れた。平佳子部長は「のぼりに使うのは普段使ったことのない絵の具なので難しいところもあるが、自分たちでデザインして仕上げていくのはとても楽しい。競技会場に訪れた皆さんに楽しんでもらいたい」、美術顧問の大木譲司教諭も「生徒にはいい勉強になっている。のぼりの製作を通じて、各地の選手らを歓迎するおもてなしを行っていきたい」、実行委では「国体をみんなで盛り上げたい」と話している。のぼりは、リハーサル大会と本大会で国体の山岳競技(リード競技)会場になっている同校付近に立てる。 

関連記事

フォトニュース

  1. みんな海をきれいにね

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る