南部高が軟式野球で優勝 全国へ

 第59回全国高校軟式野球選手権近畿大会の決勝が5日に滋賀県彦根市の彦根球場で行われ、県代表の南部が比叡山(滋賀)を1―0で下して19年ぶり2回目の優勝。25日から兵庫県内で開催される全国大会への出場を決めた。南部は舟越、樫本の両投手が相手打線を無安打無得点に抑え、虎の子の1点を守りきった。池田哲也監督は大舞台へ向けて「自分たちの野球で優勝を狙いたい」と意気込んでいる。
 近畿大会には和歌山、奈良、京都、滋賀の4県代表が出場。南部は初戦で立命館(京都)に2―1で逆転勝ちし、勢いに乗って決勝に臨んだ。
 決勝は序盤から息詰まる投手戦。南部は2回と5回に走者を得点圏に進めるが、後続が断たれ、両チームとも無得点のまま終盤を迎えた。南部は8回、2死一塁で1番・樫本が左中間を破る三塁打を放ち、待望の先制点。守っては先発の舟越が5回まで、6回からは樫本が2番手登板し、それぞれ被安打0の快投を見せた。
 池田監督は「最初から継投を考えていた。好投していた舟越の交代にも迷いはなかった。両投手がよく投げてくれたし、細かいミスも全員でカバーできた」と勝因を話し、樫本竜主将は「大勢の皆さんの応援の力で優勝することができた。全国でも優勝できるように頑張りたい」と闘志を燃やしていた。
 全国大会には各予選大会を勝ち抜いた16校が出場する。南部のメンバーは次の皆さん。
 樫本竜、舟越彩人、竹本智、堺目忠将、東光翔馬、大前尋、井戸崇人、山本悠偉、堀本光司、井善之、池永侑樹、岡田卓真、田中僚馬、鈴木順也、坂内拓磨、岩本祥太

関連記事

フォトニュース

  1. けっこう体力使います

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

  1. いなみまめダムマラソン

    11月 3 @ 8:00 AM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る