丸裸でもマナーは忘れず

 暑い夏、一日の終わりにひとっ風呂、サウナにも入ってさっぱりしたあと、エアコンの効いた脱衣場で扇風機の風を受ける。かぐや姫の『神田川』ではないが、洗い髪も芯まで冷えて心地よく、「このまま朝まで寝てしまいたい」と何度願ったことか。日本の伝統文化のまちの銭湯が年々減っており、あと20年もすれば絶滅してしまうペースで姿を消しつつあるという。
 20年以上前、当時住んでいた大阪市の西区には、アパートからすぐのところに3つも4つも銭湯があった。その後、大阪ドーム(現京セラドーム大阪)など大規模な再開発が進み、2年ほど前に訪ねたときには、迷子になるほど街の景色が変わり、毎日通った風呂屋もなくなっていた。都市の再開発、経営者に寄る年波、さらに燃料費の高騰から廃業が相次いでいる。
 入り口が男湯、女湯に分かれ、番台がある昔ながらの銭湯にかわり、人気を集めているのがスーパー銭湯。御坊にもあるが、ジャグジーや岩盤浴、サウナなどさまざまな風呂があり、食事コーナー、あかすり、マッサージなどのオプションもうれしい。
 どんなに風呂が気持ちよくても、どれほど食事がおいしくても、他の客のマナーの悪さで気分を害することも少なくない。男湯では、サウナのあとの水風呂に、汗をかいたままの体でつかる人が多い(マジで)。どこの銭湯にも「水風呂は必ず汗を流してから入って」と注意書きがあるが、カンケーなし。「うぁあああ」といううなり声のようなでかいため息とともに、カバのように頭までつかる人もいる。
 互いに丸裸の銭湯、つい自分の家のような感覚になってしまうのだろうが、公共の場にはルールがある。マナーを忘れず、気持ちよく利用しながら、まちの銭湯を守っていきたい。    (静)

関連記事

フォトニュース

  1. 来年はボクらの年だよ

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 写真=広島県江田島の海軍兵学校へ入校した俊一さん スマートな海軍に憧れて 日高地方の基幹病院であ…
  2. 写真=軍服の左胸につけていた歩兵第61連隊の徽章 連隊の自信と誇りを胸に 「最近、こんな物を手に…
  3. 写真=海軍の軍服に身を包んだ若き日の吉野さん 潜水艦搭乗で胸を病み夭折 今年の連載第1回(8月5…
  4. 写真=保養所で療養していた当時の坂本さん(後列右から5人目) 戦死した兄の敵を討つ みなべ町埴田…
  5. 写真=国民学校時代の体験を話す木下さん 子どもたちの生活にも暗い影 1931年(昭和6)の満州事…

Twitter

書籍レビュー

  1. 写真=よい睡眠について語る木村さん  ヤクルト御坊センター主催の健康教室が、美浜町吉原の新浜集…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る