8月31日は「野菜の日」

 8月31日といえば以前は「夏休み最後の一日」というイメージだったが、近年は夏休みが短くすでに2学期が始まっている学校の方が多い。それよりも、8月31日は「野菜の日」である。もちろん「8・3・1(や・さ・い)」の語呂合わせからだが、夏から秋へ向かう時期、野菜をしっかり食べて季節の変化を乗り切ろうという意味も込められているという◆夏の疲れがいろんな症状になって表れるのが夏バテ。昔、まだ冷房のなかった頃にはそれは食欲不振として表れ、「夏やせ」の方が主だったらしい。今の時代は単に暑さ負けというより、急激な温度変化を短時間に体に感じ続けることから調子がおかしくなるようだ◆夏バテの症状にも時代が表れている一方、今の時代には豊かな食材を楽しめるというありがたさがある。筆者の子ども時代は食卓にのぼる野菜は限られており、ブロッコリーなどきいたこともなく、カリフラワーという言葉を本でみてお菓子の名前かと思った。今は昔ながらの野菜に加え、夏にはゴーヤやズッキーニ、モロヘイヤ、大小さまざまなトマトなど多彩な野菜をいろいろに調理して味わえる。夏に限らず、各地の産品所や地元スーパーでツルムラサキ、空心菜、オータムポエムなど珍しい野菜に出会うと心楽しくなる。紫のオクラや白いナスなどの変わり種も食卓の話題を提供してくれる◆野菜は大地の恵みそのもの。管理栄養士・滝川悦子さんの本紙連載「食生活のおたすけマン・エツタロウがゆく」でよく書かれている通り、地元の旬の野菜は健康維持の何よりの味方。季節の変わり目を乗り切るためにも、バラエティ豊かな地元の野菜を楽しんでもりもり食べて、大地のパワーを体に蓄えたいものだ。 (里)

関連記事

フォトニュース

  1. 右を見て左を見てそして右

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る