50年後の日本のビジョンは

 日本人の平均寿命が過去最高を更新したという。女性は86・61歳で世界一、男性も初めて80歳を超えて80・21歳となった。初めて調査した明治24年~31年の平均寿命は女性44・3歳、男性42・8歳だったことを考えると、100年余りで約2倍になった。医療の進歩で病気の治癒や昔とは違って新生児の生存率が格段に上がっていることが大きな要因だが、温暖な気候、豊かな自然、豊富な食材も当然関係しているだろうし、豊かな国を象徴するかのようで少し誇らしい。厚生労働省によると、医療技術の進歩で今後も平均寿命は延びる余地があるという。50年、100年先には90歳、100歳時代が来るかもしれない。
 別のデータを見ると、50年後の日本の人口は9000万人を下回っている。少子化が進んでいるのだから当然だ。逆に高齢化率は高くなる一方で、50年後には40%近くに達する。50年後といえば筆者が生きていれば90歳。長寿はありがたいことだが、働き世代が減るのだから社会保障もどうなっているのかと考えると少し恐ろしい。年金は?医療費は?、果たして快適な老後は送れているのだろうか。
 日本経済団体連合会のまとめによると、大手企業133社の夏のボーナスの平均額は86万円を超え、伸び率はバブル期以来の高い水準になった。アベノミクスだと都会では好景気に浮かれているようだが、地方の端の端まで行き届いてこそ国の施策だろう。給料は上がらないのに、ガソリンに代表されるように物価は上がる、庶民の生活は苦しくなる一方だ。この先日本はどうなっていくのか、政治や行政にかかわる方々は10年、20年、50年先にどんなビジョンを持っているか、そのためにいま何をすべきかを示してほしい。    (片)

関連記事

フォトニュース

  1. 御坊で会いましょう!

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  2.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  3.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  4.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  5.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
ページ上部へ戻る