「RUN伴」で心一つに

 認知症の人や家族、支援者、一般の人が全国を走りながらたすきをつなぐ「RUN TOMO-RROW(RUN伴)」が、今月12日に北海道からスタートした。だれもが認知症を自分ごとだと捉え、認知症になっても安心して暮らせる地域を作っていこうと4回目。ことしは10月11日に御坊市役所を出発して大阪府岬町役場まで向かう和歌山ルート(副線)を初設定しており、8月6日を締め切りに参加者やサポーター、運営ボランティアを募っている。
 全国規模のイベントでなぜ御坊市出発のルートが設定されたのか。実は御坊市には、認知症の人や家族が定期的に意見交換会などを開く目的で、福祉事業所や行政などの有志がサポートする「根っことんと」という自主サークルがある。このメンバーが昨年、大阪のコースでRUN伴に出場。地元の認知症の人や家族が参加して大喜びだったという。ならば「今度はふるさとの和歌山を舞台に走ってもらおう」ということで、RUN伴を主催するNPO法人認知症フレンドシップクラブにお願い。御坊市出発のルートが実現した経緯がある。
 認知症については正しい理解や偏見を持たないこと、そして周囲の人の温かい見守りが大切とされるが、たすきリレーを通じて心が一つになるRUN伴は、うってつけのイベントだと思う。そして、そんなイベントを御坊市に引っ張ってきたサポーターの熱心さや積極性は地域住民にとって大変頼もしいものではないだろうか。認知症の人を家族に持つ人の大変さはよく耳にするため、軽々しいことは言えないが、一層地域全体で認知症の人を支えるまちになってくれればと願う。  (吉)

関連記事

フォトニュース

  1. うまぁ…

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

  1. 日高町第3回納涼夏祭り

    8月 25 @ 3:00 PM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る