第50回記念白玄会展に思う

 洋画の愛好家団体、白玄会の第50回記念展が、4日間にわたって御坊市中央公民館で開かれた。現会員23人の40点、「あゆみ展」として故人を含む元会員や会にゆかりのあった人達の59点、合わせて99点に上る充実した作品展となった
 記者になって間もない頃から、同会に関する取材をしてきた。会員の皆さんには中央展での入賞、個展の開催など活躍している方が多く、それぞれの作品には独自の世界が広がる。作品展で大作の前に立つと、違う宇宙の入り口に立っているようだ。「白玄会」という会名は、素人・玄人問わず相集う会との意であると共に、「色の基本である白と黒に、表現の無限の可能性があるとの意味を込めている」という内容のことを、昨年不慮の事故で他界された西浜久計氏から十年以上も前に聞いたことを思い出す
 「あゆみ展」では、氏の遺作「バンクーバー」も展示されていた。水の色が印象的な、河口の絵だった。元会長・林良三氏の名もあった。生前にアトリエを訪ねコレクションの貝の化石を見せていただいた。「貝の精」と題する絵が展示されていた
 「芸術は長く人生は短い」ということわざがある。元々は古代ギリシャの医聖ヒポクラテスの言葉で「術(医術等)を究めるには人生は短すぎる」という意味らしいが、「人の一生の短さに比べ、人の為した仕事・芸術は長くいつまでも残る」という解釈もあり、日本ではこちらの方が知られているようだ。どちらも真理だと思う
 展示会場では、「絵を見ているといろんなことを思い出す」との言葉も聞かれた。作品鑑賞とは、表現された対象と作者の心の両方に出会うこと。残された芸術は時を超えて、作者との出会いを実現させてくれる。   (里)

関連記事

フォトニュース

  1. がんばりまっしょい!

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  2.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
  3.  映画「ソワレ」が御坊でも好評上映中ですが、タイトルは「夜会」を意味する言葉。そんなタイトルの司馬遼…
  4.  主演ドラマ「半沢直樹」の新シリーズが大ブレイク中の俳優、堺雅人。テレビ雑誌で連載したエッセイ集をご…
  5.  霊感はさほど強くないはずだが、なぜか奇妙な出来事に遭遇してしまう。本作はノンフィクション作家の著者…
ページ上部へ戻る