完全な「歴史」になる前に

 昭和20年8月、日本が建国初の敗戦という局面、軍民合わせて死者300万人以上という総力戦を終わらせるにあたり、政府内では連日、不眠の議論が続けられていた。そのさなか、米英中(中華民国)の三国首脳は葉巻をくゆらせ、ソ連も加えて、大戦後の世界の分割を話し合っていた。ソ連はヤルタ会談の密約通り、独降伏から3カ月後の8月9日、日ソ中立条約を一方的に破棄して満州に侵攻、さらに南樺太、千島列島への攻撃を開始した。
 南樺太では、天皇陛下が国民に戦争終結を告げた15日以降もソ連軍が進攻。真岡(まおか)という町の郵便局の電話交換手の女子職員は、決死の覚悟で業務を続け、敵に追い詰められた20日、「皆さん、これで最後です。さようなら。さようなら」という通信を残し、12人のうち10人が服毒自殺を図り、9人が死亡した。
 また、千島列島東端の占守島(しゅむしゅとう)でも、終戦3日後の18日にソ連軍が侵攻。満州から振り向けられた関東軍精鋭の守備隊は、天皇陛下の終戦の詔勅を受け、戦車の砲弾をすべて地中に埋め、武装解除の準備を整えていた。それでも、攻められれば自衛のために戦わねばならない。敵は通常の艦砲射撃と空爆もせず、まさに不意打ちの上陸だったが、日本守備隊は圧倒的勝利を収めながら、最終的には降伏させられた。
 ソ連の卑劣極まる終戦後の侵攻で犠牲となった真岡郵便局の女子職員、戦死した占守島の兵士ら、沖縄以外の地上戦で犠牲となりながら、多くの日本人に忘れ去られた人たちがいる。
 終戦から69年、今年も戦争経験者に話を聞く取材を進めている。早晩、あの戦争は完全な歴史になってしまう。その前に、お名前とともに記憶を聞かせていただき、記録(記事)にしておきたい。    (静)

関連記事

フォトニュース

  1. 日高の魅力をPRします!

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る