あ~もう、つかまえられないよ~

 南部川漁業協同組合(永井誠組合長)と県内水面漁業協同組合連合会は22日、みなべ町西本庄地内の河川敷で水生生物を学ぶ「南部川体験学習会」を開催。町内の小学生約150人がアユのつかみ捕りなどで自然の生き物に触れた。子どもたちは5㍍四方の水槽の中に入り、逃げるアユを追いかけて奮闘した。「川にすむ生き物」をテーマとした水辺の教室も開かれた。
 子どもたちに水辺の生き物を知ってもらい、自然を大切にする心を育てようと毎年開かれている。最初に永井組合長が「自然の生き物に触れながら夏休みのひとときを楽しんで下さい」とあいさつ。アユのつかみ捕りでは河原に設置したビニールシートの水槽に元気なアユが放たれ、子どもたちが素手で捕まえた。アユは早速地元特産の備長炭で焼かれ、子どもたちは夏の味覚を楽しんだ。南部小学校5年生の池田聖生君は「捕まえるのにちょっと時間がかかった。塩焼きのアユはとてもおいしかった」と笑顔で話し、夏休みの思い出をつくっていた。
 水辺教室では、県水産試験場の葦澤崇博主任研究員が川にすむ生き物について説明。上流域、中流域、下流域にそれぞれすんでいる魚を紹介し、「川に生物がたくさんすめる環境を保全し、守っていくことが重要」と述べた。日高川漁協の前田豊温参事はウナギやアユの一生について話し、「ウナギは太平洋のマリアナ海溝で産卵。アユは河口域で約3万個の卵を産む」などと説明した。話を聴いたあと、7~8㌢程度の稚アユ約2000匹も岸辺から放流した。

関連記事

フォトニュース

  1. 和歌山から初めて掲載されました

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る