大規模土砂災害対策研究機構が発足

 平成23年の台風12号に伴う大規模土砂災害を受けて土砂災害にかかる建設技術の研究と開発を進めようと、国、県、大学などがスクラムを組む「大規模土砂災害対策研究機構」の設立シンポジウムが21日に那智勝浦町で行われ、県内の関係者約2000人が参加した。同機構設立に尽力した二階俊博代議士は「あの被害を二度と繰り返さないように、災害に立ち向かおう」と意気込みを示した。
 同機構は、ことし4月、那智勝浦町に設立された国土交通省近畿地方整備局の「大規模土砂災害対策技術センター」をはじめ、県、同町、〓独土木研究所、国土技術政策総合研究所、和歌山、京都、三重、北海道の4大学で組織。台風12号で甚大な土砂災害を受けた同町をモデルケースに対策を研究。本県はじめ国の新たな土砂災害対策として期待されているほか、アジアへの技術発信で国際交流も視野に入れている。
 シンポジウムでは、主催者側で近畿地方整備局の森昌文局長が「二階先生らの力添えをいただき、機構が設立できた。産官学が連携して地域の安全につなげたい」、下宏副知事が「紀伊半島大水害の経験を生かして研究を進め次世代につなげていこう」などとあいさつ。来賓の二階代議士は「今回の機構設立で、あの大災害から立ち上がる意気込みが示せたと思う。思い返せば那智勝浦を訪れた時、涙なくして語ることのできない被害で、100万の言葉を並べても慰めにはならないほど。そんな被害に二度と遭わないよう、いかに砂防をやるかが私たちの責任。関係者のご協力に心から感謝したい」とし、「アジア16カ国と防災協定を締結して互いに何かあった時に応援できる態勢も整えたい」と述べた。鶴保庸介参議や門博文代議士も「思いを一つにしよう」などとし、政治評論家の森田実氏は「災害に立ち向かう日本に」と呼びかけた。このあと、同機構の看板除幕式などがあり、関係大学の専門家らが「大規模土砂災害への新たな取り組み」でパネルディスカッションなども行った。

関連記事

フォトニュース

  1. こうやって来てくれたら助かるわ

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る