みんなが命の門番に

 全国的に自殺が大きな社会問題となっているが、日高地方ではその全国平均に比べ自殺での死亡率が高いそうだ。原因のトップは健康問題で、背景にはストレスから来るうつ病などの精神疾患がある。当然ながらその対策が重要だが、いま注目されているのは〝命の門番〟と呼ばれているゲートキーパー。自殺に向かおうとしている人を食い止める役割で、悩んでいる人に気づき、声をかけ、話を聞いて、必要な支援につなげ、見守っていく。別に難しい勉強や資格が必要なわけではなく、要は周囲の人のちょっとした変化に気を配ってあげる心構えがあればいいのだと思う。
 取材で知ったのだが、自殺のリスク評価というのがあって、悩んでいる人に対してストレートに「自殺を考えていますか?」と聞くことが大切なのだそうだ。そして自殺を考えているなら方法や時間、場所なども聞き、自殺への深刻度を判断し、対策につなげていく。専門家でもない一般の人がこんな質問をするのは少し抵抗があるような気もするが、専門家からの質問じゃないからこそ、悩んでいる人も心を開いてくれるケースがあるかもしれない。ただ、相談を受けている側は一人で背負いこまないこと。深刻なケースを見つけたら専門機関に相談することも大切。うつ病はだれでも起こる可能性があり、〝自殺の連鎖〟だけは回避すべきだ。
 そんなゲートキーパーの役割を担っていこうと、最近日高地方では老人ホームや消防などの職員が御坊保健所の養成研修を受けたが、そういった職種に限らず、広く一般もゲートキーパーになってもらえば当地方の自殺率も低下すると思う。行政には「みんなが命の門番」ぐらいの目標を掲げて養成研修を推進してもらいたい。   (吉)

関連記事

フォトニュース

  1. 事故に気をつけてね!

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  2.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
  3.  映画「ソワレ」が御坊でも好評上映中ですが、タイトルは「夜会」を意味する言葉。そんなタイトルの司馬遼…
  4.  主演ドラマ「半沢直樹」の新シリーズが大ブレイク中の俳優、堺雅人。テレビ雑誌で連載したエッセイ集をご…
  5.  霊感はさほど強くないはずだが、なぜか奇妙な出来事に遭遇してしまう。本作はノンフィクション作家の著者…
ページ上部へ戻る