清川児童が着衣水泳学ぶ

 夏休み中に児童たちが水の事故に遭わないようにと、みなべ町の清川小学校(玉置敏与校長、児童52人)は1学期最終日の18日、同校プールで着衣水泳を学習した。長袖長ズボンの体操服を着たまま水に入り、普段通り泳げないことを体験した児童たちは、「クロールより平泳ぎの方が進みやすい」などよりよい対処の仕方を勉強。ペットボトルやクーラーボックスなど身近なものが浮き輪代わりになることも学び、命を守る知識を身につけた。
 川や海辺で遊んでいて誤って転落した時にも冷静に対処できるようにと、同校では昨年から着衣水泳に取り組んでいる。
 体操服を着たままプールに入った児童たちからは「重たい~」の声が聞かれ、水着とはまったく違う感触を実感。まずクロールを実践すると服が重たくてなかなかうまく泳げず、次に平泳ぎを試してみると「こっちの方がやりやすい」と笑顔。もしものときはクロールで速く泳ごうとせず、ゆっくりと平泳ぎすることが大切ということを身をもって学んだ。
 続いて身近な物が浮き輪代わりに役立つことを知ってもらおうと、ペットボトルを使って1分間浮くことにチャレンジ。仰向けになって胸の上でペットボトルを持つ「ラッコスタイル」が浮きやすく、服の中に入れるのも有効だと分かった。クーラーボックスや、ひもをくくりつけたペットボトルを投げて友達を助ける方法にも取り組み、楽しみながら知識と技術を身につけていた。6年生の清水大成君は「平泳ぎがやりやすかったし、浮くのはラッコの格好が一番楽だった。いざという時にちゃんとできるかどうかはわからないが、海や川で自分や友達が危ない目にあったら、体験したことを生かしたいです」と話していた。玉置校長は「一度でも体験しておく方が、とっさの事態に対応できると思う。川や海にはまってしまったらどうすればいいかという判断力を養ってもらいたい」と力を込めて話していた。

関連記事

フォトニュース

  1. ええ感じになってきました

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  2.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  3.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  4.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  5.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
ページ上部へ戻る