後半戦も好ゲーム期待

 第96回全国高校野球選手権和歌山大会は17日で前半戦が終了。地元勢では日高中津、南部、紀央館が勝ち残っている。
 前半戦を振り返ってみると、日高中津はエースが大会直前の故障で戦線離脱のアクシデントに見舞われたが、選手層の厚さを見せて初戦を完封勝ちした。エースの代わりにマウンドに立った2人の投手はそろって好投。バックも素晴らしい守備で支え、総合力の高さをうかがわせた。南部は伝統の積極的な攻撃がことしも健在。昨年準優勝に貢献した2投手も安定感抜群の投球を見せ、1時間27分の雨天中断もなんの、見事な戦いぶりで初戦を飾った。強豪が集まる大激戦ゾーンに入るが、勢いに乗ったナインならノーシードから一気に勝ち上がっていきそうなムードがある。紀央館は延長11回、2時間47分の大熱戦をものにした。リードしながら2度追いつかれる苦しい展開で11回には三たび同点のピンチを迎えたが、凌ぎきった。昨年夏の経験者がずらりとそろい、あせらずにプレーできたのが好結果につながったと感じる。
 敗れた3校。和高専はエースの奮闘と主砲を中心としたここ一番の攻撃が光り、古豪相手に大健闘した。日高は開幕カードを逆転で制したが、2回戦で思わぬ大差敗退。自慢の打線が本来の実力を発揮できなかったのが残念だ。南部龍神は初戦をサヨナラ勝ち。2回戦はコールド負けも1、2年生主体のチームではつらつとした戦いぶりが目立った。
 熱戦は19日に再開、3回戦へ突入。この3連休には地元勢も連日登場する。「記録より記憶に残る大会に…」との選手宣誓で始まった熱戦。後半戦も地元勢には白熱の好ゲームを期待したい。  (賀)

関連記事

フォトニュース

  1. おいしい話にはご用心!

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る