紀州農園が国体リハ大会に梅干提供

 地元団体と企業がスクラム組んでおもてなし――。20、21の両日に日高川町和佐の南山スポーツ公園陸上競技場で開催される「紀の国わかやま国体」と「紀の国わかやま大会」(全国障害者スポーツ大会)のリハーサル大会に向け、同町江川の梅干し製造業、㈱紀州農園(東潤一郎代表)は16日、会場で芋茶がゆを振る舞う町生活研究グループ連絡協議会(龍田江美会長)に梅干し400食分を無償提供した。地場産業のPRのほか、選手の熱中症予防にも期待されている。
 生活研究グループは、20、21の両日にわたり芋茶がゆ400食(一日各200食ずつ)のほか、20日にマドレーヌ200食、21日にハッサクシャーベット200食を無料で提供。地元食材いっぱいの郷土料理で各地からのアーチェリー競技の大会関係者や観客をおもてなしすることにしている。今回、この地元団体のおもてなしを、地元企業の同社が強力にサポートした。提供したのは、芋茶がゆと相性バッチリの紀州南高梅のハチミツ漬けとしそ漬けの2種類の梅干し。この日、工場長の岩田好文さんが「地場産業のPRと梅干しを広めていただける機会。若い人たちに紀州の梅の味を知っていただければと思っています。厳しい暑さなので選手たちの熱中症予防としても効果があります」と龍田会長に手渡した。龍田会長は「結構なものをいただき、本当にありがとうございます。この紀州の梅干しの味を広く知ってもらうために、心を込めておいしい茶がゆを作らせていただきます」と感謝した。
 20、21日にリハーサル大会として開催されるのは、第53回近畿高校アーチェリー選手権大会。会場では生活研究グループの料理のほか、無料のドリンクコーナーやマスコットキャラクターのきいちゃんグッズの販売もある。
 日高川町では、同陸上競技場で両大会のアーチェリー競技(国体は来年9月27日~29日、わかやま大会は来年10月25日)、初湯川の美山漕艇場で国体のカヌースプリント競技(来年10月1日~4日、リハーサル大会はことし11月1、2日)が行われる。

関連記事

フォトニュース

  1. 地震がきたらどうする?

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1. 写真=1点1点じっくり観賞する来館者  みなべ町立図書館ゆめよみ館で14日から、南部高校美術部…
  2.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  3.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  4.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  5.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
ページ上部へ戻る