熱中症予防を怠たるな

 11日に県営紀三井寺球場で開幕した第96回全国高校野球選手権和歌山大会は、連日熱戦が繰り広げられている。各チームが実力伯仲で、15日の5日目までの16試合で延長戦が約3分の1に当たる5試合。手に汗握る白熱ゲームが多く、目が離せない。筆者は5日目にこの夏、初めて紀三井寺球場に足を運び、地元校の試合を取材した。この試合も1点を争う好ゲームとなり延長戦に突入。昼下がりの照りつける厳しい日差しのなか、熱中症対策として3本も用意した飲み物を飲むのも忘れて選手たちのプレーをカメラで追った。試合が終わってから慌てて飲んだが、取材前はこまめな水分補給を心掛けていただけに反省しきり。
 総務省によると、熱中症によって7日から13日までの1週間に2357人が救急搬送。県内は27人で、このうち1人が亡くなっている。調べてみると予防法としては、やはりこまめな水分と塩分補給で、のどの渇きを感じなくても飲むことが重要。エアコンや扇風機を使った温度調節など室内環境も大切で、遮光カーテンやすだれ、打ち水なども効果的だそうだ。外出時は帽子や日傘などの着用はもちろん、身に着ける衣類も通気性が良く吸湿、速乾に優れたものがいいという。熱中症は適切な予防をすれば防ぐことができ、もし熱中症になった場合でも適切な応急処置をすれば救命することができる。誰もが熱中症についての正しい知識を身に付け、予防を呼びかけ合うことが大切だ。
 厳しい暑さの夏はまだ始まったばかり。筆者も球場ではいくらゲームに夢中になっても水分補給に注意をはらい、対策を念頭に夏を乗り切りたい。   
       (昌)

関連記事

フォトニュース

  1. 花言葉は「楽しい思い出」

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「悪人」「怒り」等、多くの作品が映画化されている吉田修一。最新の映画化作品は藤原竜也、竹内涼真ら出…
  2.  週刊少年ジャンプに連載中の漫画「Dr.STONE(ドクターストーン)」を紹介します。  …
  3.  短歌をやっている母の本棚に20年ほど前からあった著者のサイン入り歌集ですが、今回初めて中身を読みま…
  4.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  5.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
ページ上部へ戻る