竜巻注意情報の重みは?

 7月の台風としては最強クラスといわれた台風8号は、幸い日高地方をはじめ和歌山県内には大きな被害をもたらさなかったが、他県では大雨や土石流によって犠牲者が出た。台風情報は発生や進路予想の段階からテレビなどで繰り返しアナウンスされ、備えを促しているが、それでも甚大な被害が出る。原因は「観測史上初」「記録的な」という想定の範囲を超えた雨などの影響だろう。「最大限の警戒を」といわれても、警報が出たからといって学校のように仕事が休みになることもなく、身を守るのも簡単ではなくなってきた。
 備えるに越したことがないのは当たり前だが、突発的な情報にどう対応すべきか迷うこともたくさんある。その一つが竜巻注意情報。「この情報は午後○時から1時間有効です」などとテレビで知らせてくれるが、外出しているとそんな情報はどこからも入ってこない。頑丈な建物に避難といっても、自宅以外に気軽に入っていける施設といわれればコンビニくらいしか思い当たらない。注意情報が出たからといって体育館を開放しているという話も聞いたことがない。せいぜい子どもたちに外で遊ばないよう指導するくらいだろうか。それだけでも価値はあるのだが。
 地震・津波に対する避難行動は各家庭単位でのルール作りができつつあるが、それ以外の災害への備えはあまり進んでいない。「竜巻注意情報が出たら」「土砂災害警報が発令されたら」、どこへどんな経路で避難するか話し合っている人がどれだけいるだろうか。警報発令時だけでなく、行政は注意情報も積極的に情報発信して注意を促すべきだろう。住民ももう少しだけ情報を重く受け止める意識が必要だ。  (片)

関連記事

フォトニュース

  1. 水をまいたら涼しくなるよ

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る