世界一の研究が日本を取り戻す

 岐阜県飛騨市の神岡町は、かつて鉱山で栄えた小さなまち。ネットの観光ガイドには、「家々を縫うように続く路地、懐かしい駄菓子屋、前掛けを締めて配達に回る酒屋さん…。『昭和』を感じさせてくれる街」とあるが、とりたてて自慢できるような観光資源が何もないのだろう。日本人の郷愁を誘う古い街並みが売りらしい。
 ところが、このまちには日本が世界に誇る施設がある。宇宙物理学でわが国がぶっちぎる素粒子の分野で、ニュートリノを検出するための巨大な装置「スーパーカミオカンデ」がそれ。鉱山跡に5万㌧の超純水を蓄えた巨大なタンクをつくり、1万1200本の光電子倍増管で大気中や太陽から届く素粒子を捕まえる。
 しかし、自然界のニュートリノがこのタンクを通過するのは極めてまれなため、約300㌔離れた茨城県東海村のJ―PARC(大強度陽子加速器)にある素粒子生成装置から人工のニュートリノビームを打ち込み、ニュートリノの謎を解明するための実験が人知れず行われている。
 民主党政権時代、事業仕分け人の女性議員がスパコン予算を削減する際、「世界一になる理由は何があるんでしょうか。2位じゃだめなんでしょうか」と満面のどや顔でのたまった。おっしゃる意味が分かりかねるが、世界一だからこそ海外から優秀な科学者が集まり、新たな技術が生まれる。世界一の先端科学は何がなんでも首位を守らねばならない。
 ニュートリノはまだ謎だらけで具体的な展望もないが、100年先の未来に向け、いくつもの謎を分担し、何十年もかけて解明するのが科学。世界遺産がなくても、大河ドラマの舞台にならなくても、世界一の研究、施設がまちの活力を生み、「日本を取り戻す」 力となっている。 (静)

関連記事

フォトニュース

  1. 今年で25年目です

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る