二重、三重の津波対策を

 御坊市名屋地区の防災女性の会や御坊第4地区至誠会を取材する機会があった。いずれも巨大地震に伴う大きな津波被害が心配される地域だが、メンバーの悲痛な声を聞いていると、やはり避難タワーやビルが必要という気がしてくる。
 両会ではこれまでに避難訓練を重ね、最寄りの避難ビルや高台へ到着するまでの時間を確認。高齢者や足の不自由な人が歩いて逃げ切るのは難しいと実感している。薗地内に建設する避難タワーも距離的に遠いため期待は薄く、「家でお経をあげているしかない」とあきらめの声さえある。
 確かにタワーやビルなど人工的な構造物は万全ではない。できれば津波が来ない高い土地に逃げるのが一番安心。しかし、現状で逃げるのが困難な人がいるのなら、どうすべきか別の対策を考えなければならない。市では現在、原則車の利用を禁止して緊急指定車で避難弱者を乗せて逃げる方法を考えている。1人が助けにいけない時は別の人というように「二重、三重」で駆けつける工夫もする。さらに車でいくなら道路に渋滞や家屋倒壊などがあってはならず、避難路の十分な検討も進めている。
 ただ、原則車の利用禁止を市民が守っても、市内を車で走っているのは市民だけではないし、二重、三重で避難弱者救出に駆けつけるといっても、助ける側がまず自身の安全を確保しなければならない中でどこまで機能するのか未知数。車での避難計画も万全ではない。
 もちろん市の対策はそれだけではないが、はっきり言ってどの対策も万全ではない。ならばできる限りの対策をそれこそ二重、三重にしておくことが大切で、タワーやビルの建設も視野に入れるべきだろう。     (吉)

関連記事

フォトニュース

  1. 和歌山から初めて掲載されました

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る