御坊のフラワーロード復旧完了

 御坊市名田町上野地内、市道名田フラワーロード線の災害復旧工事がほぼ完成し、供用を開始した。同線は塩屋町から印南町印南までを結ぶ農免道路でもあり、農作業道だけでなく、国道42号と並行して両市町をつなぐ信号なしの時短ルートとしての利用も多いが、昨年9月の大雨災害に伴う通行止めで寸断されていた。約10カ月ぶりの開通に地元住民らは喜んでいる。
 現場はJA紀州野菜・花き集出荷施設「がいなポート」から南へ約200㍍、上野大橋北の道路で、昨年9月の台風18号の大雨で陥没。市は延長48㍍区間(幅員7㍍の2車線)で復旧工事を進めていた。道路の地中には農業用配管が埋設されている関係で、完成までの期間がやや長引いたが、ほぼ予定通り。今月4日から通行可能となっており、今後センターラインを引いてガードレール設置、周辺整備を進めて今月末までに全体完成となる。事業費は約1700万円。設計は薗の㈲成和測量設計事務所(出口哲也代表)、施工は上野の出口組(出口守代表)。
 担当課によると、今回大雨で陥没した要因については、現場から北側に向かって長い上り坂になっていること、道路中央部分が高くなっていることで、降った雨が大量に道路横の法面に流れ込み、道路を支える土とブロックが流出。復旧工事ではブロックを強固にし、排水もよくした。災害が発生した当時、議会では「他の区間でも同じような被害が出ないか」との心配の声もあったが、担当課は「同じような〝特異〟な地形はほかになく、大丈夫だと考えている」と話している。
 農免道路の沿線には日本一の生産量を誇るスターチスやスイートピーなどの栽培地があるが、道路が寸断されていたため農作物の運搬が不便だった。また、御坊市と印南町間が国道42号だと20分以上かかるのに対し、農免道路を使えば信号がなく、スムーズにいけることから、国道の迂回路として利用する人も多い。

関連記事

フォトニュース

  1. 災害時もご安心ください

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 写真=広島県江田島の海軍兵学校へ入校した俊一さん スマートな海軍に憧れて 日高地方の基幹病院であ…
  2. 写真=軍服の左胸につけていた歩兵第61連隊の徽章 連隊の自信と誇りを胸に 「最近、こんな物を手に…
  3. 写真=海軍の軍服に身を包んだ若き日の吉野さん 潜水艦搭乗で胸を病み夭折 今年の連載第1回(8月5…
  4. 写真=保養所で療養していた当時の坂本さん(後列右から5人目) 戦死した兄の敵を討つ みなべ町埴田…
  5. 写真=国民学校時代の体験を話す木下さん 子どもたちの生活にも暗い影 1931年(昭和6)の満州事…

Twitter

書籍レビュー

  1. 写真=よい睡眠について語る木村さん  ヤクルト御坊センター主催の健康教室が、美浜町吉原の新浜集…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る