産湯海水浴場リニューアル

 日高町が3カ年計画で進めてきた産湯海水浴場の整備が完成し、12日の海開きから供用を開始する。県と国の補助を受け、駐車場舗装、養浜工事、観光案内板設置、地域交流拠点施設建築などを実施。町内最大の観光地ながら近年大幅に利用客が落ち込んでいる海水浴場の再生を図った。12日はリニューアルを記念してガラガラ抽選会も企画しており、海水浴シーズンのスタートを盛り上げる。
 町などによると、産湯海水浴場はかつて16万人の海水浴客でにぎわっていたが、最近はその4分の1以下まで利用が落ち込み、地域経済にも大きな影響を及ぼしている。県内の白良浜(白浜町)や扇ヶ浜(田辺市)に比べて整備が遅れたことが原因の一つと考えられ、再び以前のにぎわいを取り戻そうと2つの事業を活用して各種整備に取り組んだ。
 県の補助を受けて行われたのは産湯海水浴場周辺地区整備事業。本年度まで3カ年計画で、初年度は駐車場東側の水路改修、2年目は養浜工事など、最終の本年度は駐車場舗装と観光案内板設置などを実施した。養浜工事では海岸線に目立つようになってきた砂利をならしたうえで海水浴場北の産湯漁港に堆積している砂をメーンゲート前の砂浜付近に運び込み、約4500平方㍍ある駐車場は舗装し、区画整備(乗用車200台分以上)も行った。観光案内板は2基。駐車場入り口に「産湯海水浴場」(2・8×0・6㍍)、メーンゲート付近に「海岸エリアマップ」(1・8×1・8㍍)の案内板がお目見えし、「海岸エリアマップ」には観光情報だけでなく津波ハザードマップも示されている。
 国の補助で実施したのは過疎集落等自立再生緊急対策事業。昨年度、駐車場南側に海の家機能を含む地域交流拠点施設を建築した。鉄骨平屋建て、延べ床面積約130平方㍍の施設で、男女各4室のシャワー、ホール、厨房などを備える。これまでの夏場は産湯自治会所有の海の家を借りて売店や食堂を運営してきたが、今夏からは新施設に移行する。
 2つの事業の総事業費は約8000万円。産湯海水浴場周辺地区整備事業の設計業者は㈱日高測地(御坊市、柳原実代表)、施工業者は㈱西組(産湯、西雅子代表)、㈱中井組(湯浅町、中井賢次代表)、㈱酒直御坊支店(御坊市、小谷信也支店長)、大江テント工業(同、新田豊代表)。過疎集落等自立再生緊急対策事業の設計業者は響建築設計事務所(比井、﨑山貴弘代表)、施工業者は㈱梶工務店(由良町、梶正典代表)。
 海開きの12日は午前9時半から町観光協会(金﨑昭仁会長)主催の神事などがあり、メーンゲート前でテープカットも行われる。ガラガラ抽選会は駐車場利用者対象で、駐車1台につき1回。先着100台、外れなしで町の特産物などが当たる。
 今夏からは日曜日以外、町民(運転手対象、免許証で確認)のメーン駐車場利用が無料となるサービスもあり、多くの海水浴客でにぎわいそうだ。

関連記事

フォトニュース

  1. キャラメル味やで~

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. B29へ決死の体当たり 欧州で第2次世界大戦が始まったのを受け、米軍は1939年(昭和14)11月…
  2. 3月17日の神戸大空襲に遭遇 アニメ映画化された野坂昭如の小説「火垂るの墓」、手塚治虫の「アド…
  3. 大阪空襲の直前に帰郷 印南町山口に生まれ、現在は美浜町吉原(新浜)に住む芝﨑シヅヱさん。父五郎右衛…
  4. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  5. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「悪人」「怒り」等、多くの作品が映画化されている吉田修一。最新の映画化作品は藤原竜也、竹内涼真ら出…
  2.  週刊少年ジャンプに連載中の漫画「Dr.STONE(ドクターストーン)」を紹介します。  …
  3.  短歌をやっている母の本棚に20年ほど前からあった著者のサイン入り歌集ですが、今回初めて中身を読みま…
  4.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  5.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
ページ上部へ戻る