国境超えて手紙で育む友情

 日高川町の中津中学校では、生徒たちがアメリカテキサス州の中高生たちと文通を通じて交流を深めている。現在、全生徒47人が互いのペンパルと手紙を交換しているが、4日にそのペンパル15人が同校を訪問。生徒たちは初対面に大喜びで、英語と日本語を交えながら楽しいひとときを過ごした。文通は英語力の向上への取り組みで、ペンパルとの会話も緊張することなく堂々としていた。初対面だったが、文通を通じてすでに心が通い合っており、一層友情を深めたようだ。
 学校には、ペンパルから届いた手紙が展示されている。自己紹介に始まり、暮らしている町のこと、頑張っていること、アニメが好きなことなど写真やイラストを添えてつづり、「町を訪れることがあったら一緒にコンサートに行こう」との文もあった。学校で学んでいるとはいえ、アメリカの生徒にとって難しい日本語。ひらがなにカタカナ、漢字も交えてとても丁寧に書かれ、一文字一文字から日本の大切な友達への思いが伝わってくる。
 筆者も20代の頃、大学時代の後輩と文通をしていた。ドラマをまねてやり始めたが、相手のことを考えながら書き、手紙が届くのを楽しみにしていた。多くの人がしているメールは便利だが、用件だけ伝え、文面がコンパクトになりがちで、誤解を招いたり、間違ったニュアンスで伝わることも少なくない。何より温かみに欠ける。その点、手紙は速報性で劣るが、一文字一文字からは相手のことを思い、自分のことを思ってくれているという温かみが満ちあふれている。文字を見ただけで相手の気持ちまで分かることもあるだろう。ネット全盛の時代に、両校の子どもたちにとってとてもいい取り組み。卒業してもずっと続け、友情をつむいでいってもらいたい。(昌)

関連記事

フォトニュース

  1. 梅はとっても体にいいんだよ

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る