切目川ダム 27年度完成へ急ピッチ

 県が印南町高串地内で進めている切目川ダムの本体工事は、水をせき止めるための堤体のコンクリート打設が完了し、大きな白い壁が姿を現した。今後はダム湖内の伐採や周辺の整備を進め、並行して試験湛水も実施。平成27年度からの供用開始を目指す。
 計画しているダムは高さ44.5㍍、集水面積は21.9㌔平方㍍で、総貯水容量は396万立方㍍。日高川町の椿山ダムのようにゲートを使って人為的に放流するタイプではなく、28㍍地点に2カ所ある幅2.8㍍、高さ2.9㍍の「常用洪水吐き」という穴から水を自然に流すことで、水量を調整し洪水を防ぐ「自然調節方式」。利水や干ばつ対策としては、常用洪水吐きより下にある取水口から水を流し、調節する。
 工事は、まず川の流れを変えるため山中をショートカットするように造られた全長189㍍、高さ3㍍、幅3㍍のトンネル(転流工)をつくり、平成24年2月に流れを切り替えた。同年6月からダム本体を建設するため両サイドの山の荒掘削に取り掛かり、昨年2月からコンクリートの打設をスタート。同年6月には仁坂吉伸知事や国会議員、県議、地元関係者らが出席し、定礎式を行った。
 現在はダムの本体となる堤体ができあがり、堤体上部の堤頂施設やダム湖となる場所の伐採作業、ダムの前面となる河川の整備などを行っている。今後も引き続き工事を進め、並行してダムに問題がないかをチェックするための試験を行い、27年度から供用開始となる。
 ダム本体工事の事業費は約28億5000万円で施工は熊谷・淺川・尾花特定建設工事共同企業体が進めている。

関連記事

フォトニュース

  1. ええ感じになってきました

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  2.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  3.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  4.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  5.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
ページ上部へ戻る