米ペンパルが中津中訪問

 日高川町の中津中学校(和佐公生校長)に4日、同校の生徒が文通しているアメリカの生徒15人が訪れた。中津中学校の生徒は、文通で交流を深めているペンパルとの初対面に大喜び。一緒に授業を受けたほか、あやめ踊りを披露したり、スイカ割りなどして英語と日本語を交えながら楽しいひとときを過ごした。
 中津中学校の生徒と文通しているのは、テキサス州のウッドランズハイスクールの日本語を学んでいる生徒。中津中学校では英語力の向上へ2年前から文通を始め、ウッドランズハイスクールは、町のALTシンディー・トランさんが紹介した。
 中津中学校の全校生徒47人は、互いのペンパル(2人としている生徒もいる)と年間6回(12往復)手紙を交換。自己紹介に始まり、部活や学校行事のことなど写真やイラストを添えてつづり、DVDを使ったビデオレターでもやりとりしている。
 この日、同校を訪れたのは50人のペンパルのうち15人。対面式では生徒会長の井原隆聖君が英語で「会うことができてとてもうれしいです。わくわくしています。今日はいろんな遊びを用意しているので、いい思い出を作りましょう」と歓迎し、ペンパルの代表生徒は日本語で「皆さんからの手紙をとても楽しみにしています。日本語と英語の勉強は難しいですが、皆で頑張っていこう」とあいさつ。このあと一緒に英語を勉強したり、給食を食べたりして交流。昼からは「ウェルカムパーティー」が開かれ、中津中の生徒があやめ踊り、ペンパルの生徒たちは日本語で『アナと雪の女王』の歌を披露。七夕にちなんで笹飾りへ願い事の短冊を付けたり、スイカ割りをするなど楽しいひとときを過ごし、放課後はクラブ活動も体験した。ペンパルと対面できた2年生の森来夢さんと小早川由華さんは「会えることをとても楽しみにしていたので、本当にうれしいです。これからも文通を通じ交流していきたいと思います」と話していた。

関連記事

フォトニュース

  1. コロナに負けるな!

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る