地域資源のハスを生かそう

 ことしも北塩屋の中山のハス池で舞妃蓮が美しい大輪の花を咲かせている。御坊生まれの舞妃蓮をPRしようと休耕田を活用して池が整備されて6年目。観光バスでの見物もあり、地元名所として定着してきた。
 舞妃蓮と言えば、故阪本祐二さん(元日高高校教諭)がアメリカの黄花ハスと古代の大賀ハスをかけ合わせて作り出したが、ことしは美浜町三尾の池にある大賀ハスも過去にないぐらいたくさんの花を咲かせているそうだ。また、故阪本さん宅のハス池では、妻弘子さんの手伝いをする有志団体が出てくるなど、ハスがあらためて注目を集めている。
 ただ、大賀ハスが分根された紀の川市では大きなハス池が2カ所にあり、〝元祖〟と言える御坊・日高のアピール度は押されぎみ。となると以前から話もあるが、やはりもっと大きなハス池がどこかにほしい。候補地がないと言われるが、休耕田やため池を活用すればできるだろう。ハスは平和の象徴と言われ、インドやベトナムなどの国花。大きなハス池があれば観光名所にとどまらず、国際交流にも一役買ってくれる可能性もあるのだ。あと、ハスは間引きしたレンコンを名物料理にしたり、花を長期観賞できる「プリザーブドフラワー」の土産品にしたりすれば、年中通してアピールできる。
 とは言うものの、もっと大きなハス池を一体だれが作るのか。行政主導は長続きしないと言われるが、地域資源を生かすためやはり行政がもっと本腰を入れるべき。例えば御坊市は「市民との協働」を目標に掲げているのだから、ハス池の提案、整備、管理をそれこそ協働で取り組めばどうだろう。まずはこれだけ根付いたハスを市の花に指定して機運を盛り上げるのもいいかもしれない。   (吉)

関連記事

フォトニュース

  1. 涼しげでいいですね

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  2. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  3. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  4. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…
  5. B29へ決死の体当たり 欧州で第2次世界大戦が始まったのを受け、米軍は1939年(昭和14)11月…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  ホラー、怪談、恐怖小説、怪奇小説、スリラーなどいろいろ類語はありますが、私はやっぱり日本古来の怪談…
  2.  代表作の「青の炎」や「悪の教典」で今や誰もが知っている人気のホラー作家貴志祐介。デビューから1年目…
  3.  ひとりかくれんぼとは、もともと関西・四国地方において、「コックリさん」と共によく知られる遊びであっ…
  4.  「悪人」「怒り」等、多くの作品が映画化されている吉田修一。最新の映画化作品は藤原竜也、竹内涼真ら出…
  5.  週刊少年ジャンプに連載中の漫画「Dr.STONE(ドクターストーン)」を紹介します。  …
ページ上部へ戻る