花びらにしっかり焦点を当てて・・・

 御坊市塩屋町北塩屋の中山のハス池の舞妃蓮を対象にした地元広報委員会のフォトコンテストが29日にスタートし、初日から多くのアマチュアカメラマンでにぎわった。
 撮影会の開会では同委員会を代表して平井俊哉さんが「観光バスで見物にきたり、大阪の旅行会社から問い合わせがあったり知名度が上がっている。今後も御坊生まれの舞妃蓮を広げていきたい」とあいさつ。舞妃蓮をつくり出した故阪本祐二さん(元日高高校教諭)の長男で、同委員会顧問の尚生さん(印南中学校教諭)が舞妃蓮の歴史や皇室とのつながりなどを説明した。
 ハス池では約500本が淡いピンクと黄色が混ざった美しい大輪を咲かせており、参加者らはカメラを手に思い思いのアングルで撮影。青空をバックにしたり、舞妃蓮の名前の由来となった花びらが舞うような様子を狙っていた。
 コンテストの応募要領は未発表作品に限る プリントして提出 1人3点以内(返却なし、入賞作品は電子データもしくはネガの提供を求める)。
 締め切りは8月31日。入賞作品の発表は10月下旬。最優秀賞1点、優秀賞2点、佳作3点を表彰する。申し込みは〒644-0025、御坊市塩屋町北塩屋1012、舞妃蓮フォトコンテスト実行委員会の井藤義雄さん。問い合わせは溝口さん℡090-3617-3236。

関連記事

フォトニュース

  1. 10日には発送します

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「悪人」「怒り」等、多くの作品が映画化されている吉田修一。最新の映画化作品は藤原竜也、竹内涼真ら出…
  2.  週刊少年ジャンプに連載中の漫画「Dr.STONE(ドクターストーン)」を紹介します。  …
  3.  短歌をやっている母の本棚に20年ほど前からあった著者のサイン入り歌集ですが、今回初めて中身を読みま…
  4.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  5.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
ページ上部へ戻る