美浜で観蓮会にぎわう

 美浜町三尾の大賀池で28日、和歌山大賀ハス保存会が主催する蓮の花を楽しむ大賀蓮観蓮会が開かれた。池には淡いピンクの花が60本以上咲き、心配された雨もなく、訪れた人も「ことしはすごく数が多いね」と笑顔。太極拳や大正琴のアトラクションのあとには人気の象鼻杯も振る舞われ、梅雨の晴れ間のイベントは大いに盛り上がった。
 ことしは大賀蓮の開花から62年、三尾の大賀池への分根から52年を迎え、観蓮会は42回目。開会式の冒頭、昨年まで毎年、観蓮会に訪れた人に野点の茶を振る舞い、9月に不慮の事故で亡くなった故西浜吟子さんに黙とうを捧げた。保存会の阪本尚生会長はあいさつの中で、「ことしも池の管理はとくに変わったことはしていないのですが、5月に晴天が多かったせいで花芽の成長が促進されたのか、42回の観蓮会の中でも最上の部類に入るほど花の数が多い。開花はいまがちょうどピークで、7月下旬ぐらいまで花が見られるのでは」と述べ、池を管理する保存会のメンバーや日の岬国民宿舎の協力に感謝を表し、一層の支援、協力を呼びかけた。
 アトラクションは三島國顕さんと津本京子さんの詩吟から始まり、美浜町の太極拳同好会、大正琴サークル、日本舞踊などが行われ、蓮の葉から茎を通して酒や茶を飲む象鼻杯も好評だった。

関連記事

フォトニュース

  1. 鬼滅のアレも出るかも

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  2.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  3.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  4.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  5.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
ページ上部へ戻る