毎日ガンバッテマース!

 みなべ町晩稲、梅加工業「紀州ほそ川」で、外国人らがワーキング・ホリデーを活用して梅の収穫作業を行っている。
 ワーキング・ホリデーは、外国人が訪問先の国で滞在期間中に一定の就労ができる制度。訪れているのはドイツのローマン・ヘンゼルさん(26)とシュテファン・バルテルさん(26)、オーストラリアのエミリー・ディックスさん(18)、フランスのフローレン・オードランさん(26)の4人で、オードランさんの友人の渡辺萌さん(32)=山梨県=も一緒に訪問。今月10日から働いている。仕事の内容は梅拾いなど。同社事務所の近くにある古民家「梅仙庵」で共同生活を送っており、今月末まで過ごす。バルテルさんは「日本語を学ぶため、昨年10月から日本に来ている。和食や温泉も好き。日本では自然豊かな田舎でアルバイトをしたいと思っていた。梅収穫はしんどいけど、来てよかった」と笑顔で感想を話し、同社の細川清会長(63)は「忙しい時期なので助かっている。みんなが帰国して、母国で梅をPRしてくれればありがたい」と話している。
 一方、同町晩稲の梅の里自然農園(勇惣浩生代表)では高知大学の学生古谷陽介さん(25)が梅収穫作業を手伝っている。古谷さんは紀州ほそ川でワーキングホリデー中のヘンゼルさんの知り合いで、みなべ町で一緒にアルバイトすることにしたという。毎日午前7時から午後4時ぐらいまで、梅拾いやネット張りなどの作業に汗を流す。外国人たちと同じ梅仙庵に泊まり、一緒に生活を送っている。古谷さんは「急斜面で行う作業などは大変だが、とても楽しい」、勇惣代表も「働き手がほしい時期なので、とても助かっている」と話している。

関連記事

フォトニュース

  1. 卒業式を前に感謝を込めて

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る