みなべのイワシ 価格低迷

 イワシの価格が近年低下しており、みなべ町の漁師らは「価格は10年前と比べると半値になった」と嘆いている。イワシは目刺しなどに加工されるが、若者世代が干物をあまり食べなくなり、消費が低迷していることが要因だという。町内では伝統的な漁法のイワシの漁り火漁がピークを迎えているが、以前ほどの活気はみられなくなっている。
 みなべ町内では、イワシ漁として海面を光で照らして網ですくい上げる伝統的な漁り火漁が行われており、これから7月末ごろまでが最盛期となる。
 県水産振興課によると、平成15年の県内ウルメイワシの水揚げ量は1325㌧、生産額は2億8600万円だった。以後、イワシの単価が下がり、平成18年には1474㌧で生産額1億5300万円。水揚げが増加したにも関わらず、生産額は1億円以上の減少となっている。その後も低調のまま推移し、24年は15年とほぼ同程度の1307㌧の水揚げとなったが、生産額は3分の1程度の1億円に減少した。イワシは主に目刺しに加工されるが、干物の消費需要が以前よりも少なくなっていることなどが要因となっているとみられる。
 みなべ町の堺漁港で水揚げされるイワシも例外ではなく、漁師らによると「20年ほど前は、イワシ漁が始まる4月ごろに25~30㌔入りのコンテナで3万円程度したこともあった。10年前と比べても半値程度。燃料代は逆に高くなり、もうけは薄まるばかり。ことしについては例年よりも量が少ないが、価格は上がらない」と嘆いている。現在、同漁港で行われる加工業者の入札価格は日によっても異なるが、コンテナ(25~30㌔入り)1杯で6500円から7000円程度で取り引きされているという。

関連記事

フォトニュース

  1. この生命力にあやかりたい

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る