みなべのイワシ 価格低迷

 イワシの価格が近年低下しており、みなべ町の漁師らは「価格は10年前と比べると半値になった」と嘆いている。イワシは目刺しなどに加工されるが、若者世代が干物をあまり食べなくなり、消費が低迷していることが要因だという。町内では伝統的な漁法のイワシの漁り火漁がピークを迎えているが、以前ほどの活気はみられなくなっている。
 みなべ町内では、イワシ漁として海面を光で照らして網ですくい上げる伝統的な漁り火漁が行われており、これから7月末ごろまでが最盛期となる。
 県水産振興課によると、平成15年の県内ウルメイワシの水揚げ量は1325㌧、生産額は2億8600万円だった。以後、イワシの単価が下がり、平成18年には1474㌧で生産額1億5300万円。水揚げが増加したにも関わらず、生産額は1億円以上の減少となっている。その後も低調のまま推移し、24年は15年とほぼ同程度の1307㌧の水揚げとなったが、生産額は3分の1程度の1億円に減少した。イワシは主に目刺しに加工されるが、干物の消費需要が以前よりも少なくなっていることなどが要因となっているとみられる。
 みなべ町の堺漁港で水揚げされるイワシも例外ではなく、漁師らによると「20年ほど前は、イワシ漁が始まる4月ごろに25~30㌔入りのコンテナで3万円程度したこともあった。10年前と比べても半値程度。燃料代は逆に高くなり、もうけは薄まるばかり。ことしについては例年よりも量が少ないが、価格は上がらない」と嘆いている。現在、同漁港で行われる加工業者の入札価格は日によっても異なるが、コンテナ(25~30㌔入り)1杯で6500円から7000円程度で取り引きされているという。

関連記事

フォトニュース

  1. 龍が飛び出てきそう

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1. 写真=1点1点じっくり観賞する来館者  みなべ町立図書館ゆめよみ館で14日から、南部高校美術部…
  2.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  3.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  4.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  5.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
ページ上部へ戻る