おせっかいも時には必要

  1人の子どもに対して2人の女性が互いに母親であると主張して、子どもの片腕を引っ張りあう。痛がる子どもを見かねて手を離した女性が真の母親であると認められた。大岡裁きで有名な「子争い」の物語である。引っ張り勝ったのに納得のいかない女性に奉行の大岡越前は「痛がる子の腕を引っ張り続けて何が母親か」と一喝したという。子のことを一番に考えてこそ親の愛情であり務めであろう。ただ、どのようなたくらみがあったのかは別にして、何としても自分が育てたいと思ったのなら、負けた女性もある意味立派だったかもしれない。
 神奈川県厚木市のアパートで男児の白骨遺体が見つかった事件の報道には涙がこみ上げてきた。男児が3歳4カ月のときに母親は家を出て、今回、保護責任者遺棄致死の容疑者となった父親が1人で面倒を見ることになった。1年ほどたつと容疑者は帰宅が1日おき、2日おきと減り、さらに1年後には週に1、2回しか帰らなくなったという。男児は5歳のころに衰弱死し、遺体は死後7年半も放置され、誰も気づかなかった。幼い子はけなげに父親の帰りを待っていた。おなかがすいただろう、怖かっただろう、寂しかっただろう。言葉に詰まる。
 親になる責任や自覚が足りないだけではない、悲劇を防げなかったこと、死後長い間発見できなかったことは社会全体の問題でもある。いまや離婚は珍しいことではなく、このような事件は都会だけのことだけでもない。仕事をしながら一人で子育てするのは簡単なことではないが、一生懸命頑張っている人はたくさんいる。金銭面だけでなく、家庭環境を知り適切な支援をする。そんなおせっかいな行政が求められていると感じる。    (片)

関連記事

フォトニュース

  1. いまが見ごろです

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  2.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  3.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  4.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  5.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
ページ上部へ戻る