おせっかいも時には必要

  1人の子どもに対して2人の女性が互いに母親であると主張して、子どもの片腕を引っ張りあう。痛がる子どもを見かねて手を離した女性が真の母親であると認められた。大岡裁きで有名な「子争い」の物語である。引っ張り勝ったのに納得のいかない女性に奉行の大岡越前は「痛がる子の腕を引っ張り続けて何が母親か」と一喝したという。子のことを一番に考えてこそ親の愛情であり務めであろう。ただ、どのようなたくらみがあったのかは別にして、何としても自分が育てたいと思ったのなら、負けた女性もある意味立派だったかもしれない。
 神奈川県厚木市のアパートで男児の白骨遺体が見つかった事件の報道には涙がこみ上げてきた。男児が3歳4カ月のときに母親は家を出て、今回、保護責任者遺棄致死の容疑者となった父親が1人で面倒を見ることになった。1年ほどたつと容疑者は帰宅が1日おき、2日おきと減り、さらに1年後には週に1、2回しか帰らなくなったという。男児は5歳のころに衰弱死し、遺体は死後7年半も放置され、誰も気づかなかった。幼い子はけなげに父親の帰りを待っていた。おなかがすいただろう、怖かっただろう、寂しかっただろう。言葉に詰まる。
 親になる責任や自覚が足りないだけではない、悲劇を防げなかったこと、死後長い間発見できなかったことは社会全体の問題でもある。いまや離婚は珍しいことではなく、このような事件は都会だけのことだけでもない。仕事をしながら一人で子育てするのは簡単なことではないが、一生懸命頑張っている人はたくさんいる。金銭面だけでなく、家庭環境を知り適切な支援をする。そんなおせっかいな行政が求められていると感じる。    (片)

関連記事

フォトニュース

  1. より安全、快適になりました

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

  1. いなみまめダムマラソン

    11月 3 @ 8:00 AM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る