マンドリン公演を堪能

 マンドリンという言葉を、宮沢賢治の「風の又三郎」で初めて知った。1年から6年まで一緒に学ぶ小さな学校で、先生のマンドリンに合わせ皆がうたう場面がある。不思議な物語と共に楽器名が印象に残った
 初めて実際に見たのは高校のギター・マンドリン部。胴がビワの実のように丸く、小さくてかわいらしい。金属弦の澄んだ響きが魅力で弾いてみたいと思ったが、トレモロがさっぱりできない。何度やっても「トゥルルル…」ではなく「トゥールールールー」と間延びする。諦めてギター伴奏を務めたのだった
 先日、実に久しぶりにマンドリンの音を聴いた。プロマンドリン奏者石橋敬三さん(印南町出身)出演の市文コンサートだ。最初の曲で「あれ?」と思った。トレモロではない。それができなくてマンドリンを諦めた身には新鮮な驚き。トレモロは比較的新しい奏法で、マンドリンにはもっといろんな弾き方があるという。目からうろこが落ちる思いで、部活とは違う響きの演奏を堪能した
 オリジナル曲が中心。鯉のぼりの恋を表現した「ビッグフィッシュ」、格闘技の世界に入った友人を応援する「サザナミガゼル」など数々の曲は、聴く人の心を捉える爽やかさと力強さがあった。アンコールは「赤とんぼ」だったが、オリジナル曲で締めくくってもよかったのではと感じるほど石橋さんの音楽は会場をつかんでいたと思う
 どんな分野の芸術も、技術的な裏づけと同時に独自性が求められる。ソロマンドリンというあまり例のない形で活動を続ける石橋さんの演奏には、柔軟で自由な響きがあった。懐かしい音楽に再会したようでもあり、新しい音楽と初めて出会ったようでもある。仕事を離れ、音楽ファンとして心楽しいひと時を過ごさせてもらった。     (里)

関連記事

フォトニュース

  1. は~い!

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

  1. 日高町第3回納涼夏祭り

    8月 25 @ 3:00 PM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る