大切なのはタワー早期完成

 御坊市が薗地内に計画している津波避難タワーの入札延期問題を振り返る。平成25年度当初予算で1億3000万円の事業費を計上し、昨年11月に工事入札を行う予定だったが、指名7業者から「予定価格が低く資材の調達が困難」との指摘があり、入札を延期。以後、資材コストを下げるため、特殊工法を省いて在来工法で施工するよう設計を見直した。この段階で当初予定していたことし3月末の完成は先送り。次の年度にまたいだことで、さらに鋼材や人件費の高騰、ことし4月の消費増税もあり、予算内では工事ができないことから、現在会期中の議会で2500万円の追加補正を余儀なくされている。
 入札延期、予算追加は市では異例の事態だが、原因は何か。市によると、当初予定の特殊工法では、メーカーが独自に強化して特許を取った鋼材を使うため、コストが高くなり、入札予定価格に対して数千万円の「乖離(かいり)」があったと説明している。となると、業者が入札の参加を拒否したことはいたって正しい判断だ。
 ならば最初から在来工法での施工にしていれば、こんな事態を回避できたのではないか。特殊工法でも在来工法でも地震や津波に耐えられるならどちらでもいいが、一般的には在来工法の方がコスト安で、最終的に市も在来工法を選択。この選択が鋼材の価格高騰や消費増税前にできていれば、余計な予算追加は必要なかったかもしれない。つまり市は初期の判断に少なからず疑問を持たれても仕方がない。
 一番大切なのは、いつ起きるか分からない地震に対して早期にタワーを建設することであり、いまさら「たら、れば」を言っても仕方ない。ただ、行政側は問題点をしっかり整理し、同じことがないよう努めてほしい。   (吉)

関連記事

フォトニュース

  1. 桜とダム、こいのぼりが競演

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る