大人の責任一層重く

 小学生のころは野球部に入り、白球を追いかける毎日。家に帰って食事をとると適度に疲れているためか眠くなり、いつも午後9時ごろには就寝していたように思う。仮に夜更かしがしたくても体がいうことをきかず、できなかった。早く寝て、早く起きる。そういうリズムでずっと生活していた。
 白崎小学校で開かれた教育講演会で、南和歌山医療センター小児科医の星野恭子さんの講演「めざせ!!健康生活 早寝・早起きで笑顔の一日」を取材した。星野さんによると、子どものころの筆者のような生活を「命のリズム」と呼んでいるそうで、体の成長や脳の発達にとても大事なことと強く訴えていた。星野さんは睡眠不足の子どもは「学力低下」の恐れがあるほか、イライラしたりキレやすいといったことも指摘。「赤ちゃんも脳の発達に遅れが出てくる。5歳になっても三角形を描けない子がいる」という話もあり、最近子どもが生まれたばかりだけに少しドキッとさせられた。
 いまは夜9時をすぎても子どもも観られるテレビ番組が毎日放映されている。さらに、いろんなゲームが普及し、テレビ画面だけでなく携帯などでも楽しめるようになった。子どもたちはいつでも夜更かしをできる状況にあり、「命のリズム」を崩すケースが増えてきているのだろう。
 「子どもは野放しにしたら、どんどんゲームをやる」と星野さんがいうように、社会環境が大きく変わったことで「子どもたちを守る」ためには大人の責任が一層重くなってきている。白崎小の講演には保護者も参加したが、各家庭でも「命のリズム」について話し合う機会を持つことが大事だと思う。    (賀)

関連記事

フォトニュース

  1. 思ったよりむずかしいよ~

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「悪人」「怒り」等、多くの作品が映画化されている吉田修一。最新の映画化作品は藤原竜也、竹内涼真ら出…
  2.  週刊少年ジャンプに連載中の漫画「Dr.STONE(ドクターストーン)」を紹介します。  …
  3.  短歌をやっている母の本棚に20年ほど前からあった著者のサイン入り歌集ですが、今回初めて中身を読みま…
  4.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  5.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
ページ上部へ戻る