少年補導功労 三前さん栄誉銀章

 少年非行防止に貢献のあった人らをたたえる本年度全国少年補導功労者表彰の栄誉銀章に、田辺署管内で唯一、みなべ町北道の菓子店「みさき堂」店主の三前雅信さん(68)が選ばれた。20日に田辺署で伝達式が行われ、徳田太志署長から表彰状を受けた。三前さんは補導員として28年にわたり子どもの見守り活動を続けているほか、少林寺拳法を通じた熱心な健全育成が高く評価された。
 伝達式は署長室で行われ、徳田署長は「管内の少年非行が減少しているのも三前さんたちのおかげ。これからもご協力お願いします」とねぎらった。
 三前さんは昭和61年4月に県警本部長委嘱の少年補導員になってから、毎月の小学校前でのあいさつ運動、夏休みの街頭活動、花火大会での巡視など積極的に活動している。平成6年からはみなべ地区地域安全推進員も兼務し、安全なまちづくりに貢献している。
 補導員等の活動以外にも、少林寺拳法南部道院の代表を務め、約70人の子どもたちの健全育成に力を傾注。3年前からは上南部中学校の武道の授業で少林寺拳法を指導しており、菓子職人としても南部高校の生徒にケーキ作りを教えるなど、子どもたちと積極的に交流している。「小・中・高校生とかかわりを持つ機会に恵まれているので、いつも『危ないことはしない』『友達をたくさん作ることが大切』などと話しています」と常に健全育成を心がけており、「いろいろ指導している中で、初めは面倒くさそうにしている子どもたちも、こちらが一生懸命になると気持ちが伝わるのか、しだいに熱心になってくるのがよくわかる」と、本気で子どもたちにかかわることの大切さを強調した。受章に「一人でできることではありません。ボランティア意識の高い仲間の協力のおかげ」と感謝し、「非行に走るまでの予防が大事。これからも地域全体で子どもたちを見守っていくという意識を多くの大人に持ってもらえるよう、積極的に活動していきたい」とますます張り切っている。

関連記事

フォトニュース

  1. 御坊・日高のために頑張ります!

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

  1. いなみまめダムマラソン

    11月 3 @ 8:00 AM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る