少年補導功労 三前さん栄誉銀章

 少年非行防止に貢献のあった人らをたたえる本年度全国少年補導功労者表彰の栄誉銀章に、田辺署管内で唯一、みなべ町北道の菓子店「みさき堂」店主の三前雅信さん(68)が選ばれた。20日に田辺署で伝達式が行われ、徳田太志署長から表彰状を受けた。三前さんは補導員として28年にわたり子どもの見守り活動を続けているほか、少林寺拳法を通じた熱心な健全育成が高く評価された。
 伝達式は署長室で行われ、徳田署長は「管内の少年非行が減少しているのも三前さんたちのおかげ。これからもご協力お願いします」とねぎらった。
 三前さんは昭和61年4月に県警本部長委嘱の少年補導員になってから、毎月の小学校前でのあいさつ運動、夏休みの街頭活動、花火大会での巡視など積極的に活動している。平成6年からはみなべ地区地域安全推進員も兼務し、安全なまちづくりに貢献している。
 補導員等の活動以外にも、少林寺拳法南部道院の代表を務め、約70人の子どもたちの健全育成に力を傾注。3年前からは上南部中学校の武道の授業で少林寺拳法を指導しており、菓子職人としても南部高校の生徒にケーキ作りを教えるなど、子どもたちと積極的に交流している。「小・中・高校生とかかわりを持つ機会に恵まれているので、いつも『危ないことはしない』『友達をたくさん作ることが大切』などと話しています」と常に健全育成を心がけており、「いろいろ指導している中で、初めは面倒くさそうにしている子どもたちも、こちらが一生懸命になると気持ちが伝わるのか、しだいに熱心になってくるのがよくわかる」と、本気で子どもたちにかかわることの大切さを強調した。受章に「一人でできることではありません。ボランティア意識の高い仲間の協力のおかげ」と感謝し、「非行に走るまでの予防が大事。これからも地域全体で子どもたちを見守っていくという意識を多くの大人に持ってもらえるよう、積極的に活動していきたい」とますます張り切っている。

関連記事

フォトニュース

  1. 渓流の女王 アマゴ解禁

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る