一度の失敗が永久に

 紙面に使う写真は基本的に記者が撮影しているが、どうしても撮れないときは関係者に借りることがある。その際、カメラのデータを保存するSDカードを受け取り、会社に戻ってデータをコピーし、再び持ち主のもとに行って返却する。もっと手間のかからない方法はないかと調べてみると、スマートフォン(スマホ)でSDカードが読み取れる機器があるとのこと。USBメモリーの中身も見たりコピーしたりできるというので便利だ。1000円台からあるので近いうちに購入してみようかと思っている。このほかスマホでは名刺や資料をカメラで撮影してデータ化、保存したりと、なにかと仕事面での使い方もわかってきた。
 スマホの普及によって写真や文章を簡単に投稿できるツイッターなどのサービスが人気だ。18日に日高高校で開かれた情報モラル講演会で和歌山大学教育学部の豊田充崇准教授が「スマートフォン時代における光と影」をテーマに、スマホの危険性を中高生に指導した。ツイッターやSNSによる軽率な投稿により、学校を停学になったほか、一度ネットに載った情報は消えることなく、将来、就職や結婚する時にも影響する可能性があることを警告した。
 ネットの怖いところは一度の不用意な行為が永久に記録として残り、誰でも簡単に検索されてしまうところだ。日高地方で事件や火事が発生した際、ツイッターなどで検索することがあるが、これまでに不謹慎と思えるような投稿もいくつか見たことがある。また一見、何の問題もないような発言も第三者に違う角度で広められたり、写真などが悪用される可能性もある。過去の汚点を未来に残さないよう、投稿には細心の注意が必要だろう。 (城)

関連記事

フォトニュース

  1. ブルーハーツがきた

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る