61㌔のタマカイ 宮古島で一本釣り

 御坊市島、会社員北野高輝さん(50)がこのほど、沖縄県宮古島でハタ科に属する超大物の「タマカイ」(体長1・51㍍、重さ61㌔)を釣り上げた。磯からの一本釣りというスタイルでは国内最大級で、大物釣りのメッカとされる宮古島でもこのクラスは十数年ぶり2匹目。通称「通り池」と呼ばれるポイントでの釣果で、地元メディアなどでは通り池の〝ヌシ〟を仕留めたとして話題となっている。
 タマカイはハタ科最大の魚で、インド洋から太平洋にかけての海域のうち、ペルシア湾を除く海域に広く分布。クエと同じく食べると美味で高級料理として食される。最大で400㌔まで成長するといわれ、「ハタの王」「魚のボス」と呼ばれることもある。沖縄では「ヤイトハタ」などとともにハタ科の魚を総称して「ミーバイ」と呼ばれている。北野さんは釣り歴30年以上のベテランで、パワー勝負となる大物釣りの魅力に取りつかれて年間7、8回は宮古島で釣り糸を垂らしており、現地では大物釣り師としてよく知られて弟子入り志願もあるほど。実は昨年9月、自身最高記録となる重さ43㌔のヤイトハタを釣り上げたところだが、今回で大きく更新。鍋にすれば100人前以上は余裕で取れるサイズだ。また、漁船から網漁で超大物が水揚げされることがあるが、磯からの一本釣りでの釣果は非常に珍しいという。
 宮古島では、今月5日午後3時にポイント入り。ビッグヒットが来たのは6日午前0時ごろで、「ずしん」と来る重みと竿が海中に引き込まれるほどの強烈な引きに武者震い。100号の釣り糸でも緩めると岩場でこすれて切れてしまうため、まさに力と力のぶつかり合いでリールを巻き上げ、数分で勝負を決めた。海から引き揚げるのは、用意していた滑車でうまくいったが、乗ってきた車まで300㍍の距離を運ぶのは1人では難しいと判断。朝まで待って友人を呼び、救命用の担架を使った。
 今回の釣果には大満足の表情を浮かべながらも、「宮古島は大物釣り師にとって夢とロマンあふれる場所。次は前人未到の100㌔クラスを釣りたい」と目を輝かせている。「あくまで釣ることが楽しみ」とも話し、魚拓を取ったあとは惜しげもなく友人にプレゼントした。

関連記事

フォトニュース

  1. 日高の魅力をPRします!

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る