三尾漁協の磯焼け訴訟 証人尋問終了

 アワビなどの漁獲量が激減したのは、日高川上流の椿山ダムから排出される濁質が原因として、美浜町の三尾漁協と組合員58人が県を相手に損害賠償等を求めている訴訟は17日、和歌山地裁で3回目の原告側証人尋問が行われた。今回は海中の光と濁り、濁りが生物に与える影響などを専門とする東京海洋大大学院海洋科学系教授の荒川久幸氏(51)が出廷。磯焼けの原因については水温の上昇や魚による食害は「直接的な要因とは考えにくい」とし、「最も強く作用しているのは(ダムから排出された)海中の堆積粒子」と結論づけた。
 午前中は荒川氏が海藻類の生態、一般的な磯焼けの原因、濁りや堆積粒子が海藻に与える影響などについてレクチャーを行った。午後からの主尋問では、4年前、国の公害等調整委員会が漁協側の磯焼け原因裁定申請を棄却した際の公調委の主張を一部否定し、三尾の磯焼けが回復しない原因は「三尾海域の大雨時の(ダムから排出される)著しい海中の濁りと堆積粒子にあり、他の要因を含めても、最も強く作用したのは堆積粒子だ」などと証言した。
 この日の公判で原告側が申請した証人尋問は終わり、被告の県側は証人尋問を申請しておらず、書証、人証の証拠調べ手続きはこの日で終了。これで双方は主張は出尽くしたことになるが、閉廷後の3者協議では、裁判官から和解に向けての話し合いの提案はなかったという。次回公判は8月下旬。

関連記事

フォトニュース

  1. 揺れる火に思いを込めて

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  ホラー、怪談、恐怖小説、怪奇小説、スリラーなどいろいろ類語はありますが、私はやっぱり日本古来の怪談…
  2.  代表作の「青の炎」や「悪の教典」で今や誰もが知っている人気のホラー作家貴志祐介。デビューから1年目…
  3.  ひとりかくれんぼとは、もともと関西・四国地方において、「コックリさん」と共によく知られる遊びであっ…
  4.  「悪人」「怒り」等、多くの作品が映画化されている吉田修一。最新の映画化作品は藤原竜也、竹内涼真ら出…
  5.  週刊少年ジャンプに連載中の漫画「Dr.STONE(ドクターストーン)」を紹介します。  …
ページ上部へ戻る