五輪金の岩崎さんが岩代小で水泳指導

 バルセロナ五輪(1992年)金メダリストの岩崎恭子さん(35)が、16日にみなべ町を訪れ、岩代小学校で行われたプールの移転・新築工事の竣工式で講演と水泳指導を行った。講演では水泳との関わりや五輪の思い出などについて話し、「誰にも負けない好きなこと、一生懸命頑張れることを見つけて下さい」と児童に呼びかけた。水泳指導では往年の金メダリストの泳ぎも披露した。
 岩崎さんは日本人として史上最年少の14歳と6日で金メダルを獲得。現在、水泳指導や水泳の楽しさを伝えるイベントに出演するなどの活動を行っている。平成23年には第一子を出産し、母親としても奮闘中。
 講演会は同校の体育館で開かれ、「幸せはいつも自分でつかむ」をテーマに語った。5歳の時にスイミングスクールに通い始めたのがきっかけで水泳を始め、最初の頃は「3歳上の姉のようになりたい」と練習していたという。金メダルを獲得したバルセロナオリンピックについては「合宿での練習は一日に午前中と午後の2回あり、1万5000㍍から2万㍍ぐらい泳いだ。苦しくてとても大変で、ゴーグルの中に涙がたまってしまいそうになるほどだった」と振り返り、「オリンピックでメダルを獲ってとてもうれしかったが、その後周りから注目され、学校に行くのも嫌になったことがあった。好きで頑張れていた水泳が嫌いになり、頑張れなくなった。しかし周囲からの支えで『このままではダメ』と思い、再び頑張って4年後の五輪に出ることができたのも、金メダルを獲った時と同じぐらいうれしかった」と心境を明かした。児童に対して「何でもいいから好きなこと、誰にも負けないこと、頑張れることをつくって下さい。周りで頑張っている人がいれば、その人を言葉に出して応援してほしい」と呼びかけた。児童からの質問を吉水章夫校長が伝えて答えてもらうコーナーでは、子どもたちの「好きな食べ物は」という質問に「嫌いな物はなく、野菜や魚など何でも好きです。子どもの頃はお母さんがつくってくれたハンバーグが好きでした」と笑顔で答えていた。
 このあと新しくできたプールに移動。児童代表の坂本愛夢さん(6年)、中本ひらりさん(同)の2人も加わって関係者らとテープカットで完成を祝い、プールに入って岩崎さんが水泳指導を行った。模範水泳では平泳ぎ、クロール、背泳ぎ、バタフライと、いろんな泳ぎを披露。小学低学年(1~3年生)の子どもたちと一緒に小プールで泳ぎ、高学年(4~6年)の子どもたちとは大プールで1人ずつアドバイスした。指導を受けた4年生の田口莉佳子さんは「水泳中は口を膨らませるのではなく、『んー』としゃべる時のように、と教えてもらった。一生懸命練習して上手になりたい」と話していた。

関連記事

フォトニュース

  1. 山も車両も気をつけましょう

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る