五輪金の岩崎さんが岩代小で水泳指導

 バルセロナ五輪(1992年)金メダリストの岩崎恭子さん(35)が、16日にみなべ町を訪れ、岩代小学校で行われたプールの移転・新築工事の竣工式で講演と水泳指導を行った。講演では水泳との関わりや五輪の思い出などについて話し、「誰にも負けない好きなこと、一生懸命頑張れることを見つけて下さい」と児童に呼びかけた。水泳指導では往年の金メダリストの泳ぎも披露した。
 岩崎さんは日本人として史上最年少の14歳と6日で金メダルを獲得。現在、水泳指導や水泳の楽しさを伝えるイベントに出演するなどの活動を行っている。平成23年には第一子を出産し、母親としても奮闘中。
 講演会は同校の体育館で開かれ、「幸せはいつも自分でつかむ」をテーマに語った。5歳の時にスイミングスクールに通い始めたのがきっかけで水泳を始め、最初の頃は「3歳上の姉のようになりたい」と練習していたという。金メダルを獲得したバルセロナオリンピックについては「合宿での練習は一日に午前中と午後の2回あり、1万5000㍍から2万㍍ぐらい泳いだ。苦しくてとても大変で、ゴーグルの中に涙がたまってしまいそうになるほどだった」と振り返り、「オリンピックでメダルを獲ってとてもうれしかったが、その後周りから注目され、学校に行くのも嫌になったことがあった。好きで頑張れていた水泳が嫌いになり、頑張れなくなった。しかし周囲からの支えで『このままではダメ』と思い、再び頑張って4年後の五輪に出ることができたのも、金メダルを獲った時と同じぐらいうれしかった」と心境を明かした。児童に対して「何でもいいから好きなこと、誰にも負けないこと、頑張れることをつくって下さい。周りで頑張っている人がいれば、その人を言葉に出して応援してほしい」と呼びかけた。児童からの質問を吉水章夫校長が伝えて答えてもらうコーナーでは、子どもたちの「好きな食べ物は」という質問に「嫌いな物はなく、野菜や魚など何でも好きです。子どもの頃はお母さんがつくってくれたハンバーグが好きでした」と笑顔で答えていた。
 このあと新しくできたプールに移動。児童代表の坂本愛夢さん(6年)、中本ひらりさん(同)の2人も加わって関係者らとテープカットで完成を祝い、プールに入って岩崎さんが水泳指導を行った。模範水泳では平泳ぎ、クロール、背泳ぎ、バタフライと、いろんな泳ぎを披露。小学低学年(1~3年生)の子どもたちと一緒に小プールで泳ぎ、高学年(4~6年)の子どもたちとは大プールで1人ずつアドバイスした。指導を受けた4年生の田口莉佳子さんは「水泳中は口を膨らませるのではなく、『んー』としゃべる時のように、と教えてもらった。一生懸命練習して上手になりたい」と話していた。

関連記事

フォトニュース

  1. Run away!

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

  1. 日高町第3回納涼夏祭り

    8月 25 @ 3:00 PM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る