日高川町議会 報奨金詐欺に新展開

 日高川町議会6月定例会は16日再開。市木久雄町長の一般質問の答弁の中で、町からイノシシやシカの捕獲報奨金をだまし取ったとして書類送検されている財団法人ふるさと振興公社元嘱託職員の男性が、県警での供述とは一転、町との話し合いで「不正はまったくしていない」と無実を主張していることが分かった。町は、この男性から報奨金の返還を求める方針を固めていたが、難航する可能性が出てきた。
 元嘱託職員の男性(3月5日に解雇)は、虚偽の書類申請で町から10万5000円を不正にだまし取ったとして、3月24日に書類送検されている。現在のところ、起訴か不起訴か確定していない。県警の捜査で被害が裏付けされたのはこの7件の容疑だが、男性は県警に「100件以上はやった」と供述。これを受け町では10万5000円のほか、この男性が関わったすべての報奨金の返還を求める方針で、議会でも百条委員会を設置し、関係者に話を聴くなどして事件の全容解明に努めている。
 この事件について質問したのは入口誠議員。「被害者である町のトップである町長が考えを町民の皆さまに話すことも大事。7件以外にももっと多くの詐欺をしているのではないかという報道がほとんど。詐欺事件についての内容、原因、今後の対処法など聞きたい」と質問。これに対し、市木町長は「5月28日に本人と報奨金の返還について話し合いを持ったところ、〝不正はしていない。無実である〟と、県警の発表とはまったく違った主張をされた。裁判で有罪が確定したわけでもなく、本人が無実を主張している以上、現段階で報奨金の返還請求を進めていくことができない。今後の検察庁の対応を見守るとともに、裁判所の判断が出た段階で対応を判断する必要がある。時間を要することになる」と回答。入口議員は再質問で「警察での供述を全面否定された。想像もつかない回答。それに夏場に捕獲数が多いのもおかしい」と驚きをあらわにし、市木町長は「本人が何も悪いことをしていないと言っている。手の平を返したような話だ。夏場に捕獲数が多いのも数字的に不自然であると思うが、警察がいろいろ調査した結果なので、現段階ではこの調査結果を信用するしかない」と述べた。入口議員は「否定されている以上は、司法の判断を待つしかない。ただ町民の皆さまの関心も高いので、できるだけ分かりやすく町民の皆さまに説明していただきたい」と求めた。
 元嘱託職員が無実を主張している以上、裁判の結果次第では、すべての報奨金どころか、警察で供述した10万5000円についても返還されない可能性が出てきた。

関連記事

フォトニュース

  1. ラーメンの湯切りの落下速度は?

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「悪人」「怒り」等、多くの作品が映画化されている吉田修一。最新の映画化作品は藤原竜也、竹内涼真ら出…
  2.  週刊少年ジャンプに連載中の漫画「Dr.STONE(ドクターストーン)」を紹介します。  …
  3.  短歌をやっている母の本棚に20年ほど前からあった著者のサイン入り歌集ですが、今回初めて中身を読みま…
  4.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  5.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
ページ上部へ戻る