ことしは有吉佐和子没後30周年

 ファンでありながら最近ようやく気づいたが、ことしは和歌山が生んだ作家有吉佐和子の没後30周年だ。そういえば旧作が次々に文庫本で復刊されている。再ブームかと喜びながらも不思議に思っていた。
 
「恍惚の人」「複合汚染」「華岡青洲の妻」などベストセラーは数多い。社会派作家とも目され、注目を集める存在だった。一方、文壇や評論家の目は冷ややかで、芥川賞・直木賞とも候補になったが受賞はしていない。テーマの分かりやすさ、筋立ての面白さ、一般的な人気の高さから、必要以上に文学的価値を低くみられたのではないかと思うと義憤を感じる。
 半世紀も前の作でも今なお色あせず、引き込まれる。それは取りも直さず、作品が通俗的な面白さにとどまらず普遍的な真理を内包することを示す。近年でも「不信のとき」や「悪女について」がドラマ化された。文学的な研究対象として選ぶ人も増えているそうで、ここへ来て評価は高まっている。
 素封家の女三代の生を大きな川の流れに託して描いた「紀ノ川」。幼少時に洪水で流されてミカン農家に拾われ、ミカン栽培に生涯を捧げる女性の物語「有田川」。龍神村の温泉旅館で育ち、約束を残して去った男を思い続ける女性の物語「日高川」。いわゆる川三部作だが、残念ながら「日高川」は絶版で全集にも入っていない。この機会になんとか復刊して、三作とも文庫本で楽しめるようになってほしいものだ。
 没後30年を経ても幾つもの作が刊行されるのは、時代の要請がある証。社会情勢を、歴史に隠されたドラマを、市井の人々のささやかな哀歓を、鋭くも優しい目で捉え続けて昭和を生きた作家の仕事は、価値観の揺れ動く今の時代にこそ多くの示唆を与えてくれるように思う。     (里)

関連記事

フォトニュース

  1. 水をまいたら涼しくなるよ

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る