ルール破れば信も失う

 由良町議会の由良守生議員は去る10日の6月定例会で「陳謝」の再懲罰を宣告された。由良議員は一部を朗読せず、再度の全文朗読には応じなかった。本人は「先ほど一度朗読したと思いますが…」と述べたが、上野諭議長が「陳謝文朗読を拒否したとみなす」と決定。今後、再々懲罰が科される見通しだ。
 「先ほど一度朗読した」という陳謝文。「全文を一字一句読むことが陳謝の懲罰に当たる」と上野議長が会議中にも説明した。そのうえで、再朗読に応じなかったのだから最初から誠実に謝る気がなかったとみられてもやむを得ないだろう。取材していると同僚、さらに出席している執行部を故意に振り回し、混乱させただけの不誠実な態度としか受け取れなかった。
 例えば校則で「髪を伸ばすのは禁止」とあり、髪を伸ばしたい場合。中学生にもなれば校則を変えるという活動、運動をして目的を達成する。みんなで決めたルールがあるならまず守らなければ秩序が保たれない。問題があるなら多くの賛同を得て変える。これが民主的な手法。条例案などを議決する議会の一員ならば「ルールよりも被害を訴えるのが私の仕事」(由良議員)などの言葉を発してはならないはずである。
 元首相がよく使っていた言葉で「信なくば立たず」がある。政治を行ううえで大切なのは民衆の信頼という意味。由良議員は選挙で当選したあと、風力発電被害を訴えることに精力的で有権者の期待も大きいかもしれない。しかし、ルールすら守れないような人が「信」を得られるのだろうか。信頼がなければせっかくの議会活動にも影響を及ぼす可能性があると少しは考えたらどうか。とにかくこれ以上の混乱は回避してもらいたい。   (賀)

関連記事

フォトニュース

  1. 山も車両も気をつけましょう

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る