日高川のあすなろ倶楽部 初公演へ猛練習

 日高川町のダンスグループ、あすなろ倶楽部絆の星と大阪狭山市の表現倶楽部うどぃによる交流舞台「絆の星~鼓動響く清流の地より~」が8月23日に高津尾の日高川交流センターで開かれる。あすなろ倶楽部にとって初めての公演で、両市町の子どもたち総勢約100人が出演。圧巻のパフォーマンスと感動の舞台を披露する。
 あすなろ倶楽部絆の星は、日高川町内の小学2年生から大学1年生までの16人がメンバー。おととし8月に交流センターで開催された日高川町内の子どもたちとうどぃによる交流舞台「ふたりのひとつ星」をきっかけに結成。ふれあいまつりなど町内の各イベントをはじめ、うどぃの公演に友情出演するなどで活躍している。
 初めての公演となる今回の舞台は、午後1時と6時の昼夜2回公演。あすなろとうどぃのほか、中津中学校生徒、美山太鼓保存会、ジュニアリーダークラブのメンバーら総勢100人の子どもたちが一つとなって感動の舞台を披露する。
 「絆の星~鼓動響く清流の地より~」はオリジナル脚本。圧巻のダンスパフォーマンスでミュージカル風に仕上げたステージで、日高川町を舞台に町を出ていきたいのぞみと友達のたまみ、Iターンのかなの3人の少女を通して友情と絆、ふるさとの大切さを描く。歌舞伎役者吉沢あやめや丹生都姫命、道成寺伝説の安珍と清姫らも登場する演出で、不思議な幻想の世界を表現する。
 初の公演に向けてあすなろ倶楽部は、うどぃの卒業生に指導を受けるなどしてダンスや発声に取り組むなど稽古に励んでいる。15日からは各団体の出演者との合同稽古もスタートし、今後稽古も本格化していく。メンバーの中本美波さん(田辺高校1年)、森口野乃香さん(和歌山工業1年)、辻本すみれさん(日高高校1年)は「今は不安の方が大きいですが、練習を積んで見ていただいた方に感動してもらえる舞台にしたい。あすなろにとって初めての公演。これをきっかけにあすなろがもっともっと羽ばたけるよう頑張りたい」と話している。チケット販売は来月からになりそうで、前売り券は大人1500円、高校生以下700円、当日券は大人2000円、高校生以下1000円。詳しくは日高川交流センター℡0738ー54ー0326。

関連記事

フォトニュース

  1. 春告げるツクシがニョキッ

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る