観光推進へ一丸となろう

 御坊市観光協会のPR大使に印南町出身のシンガー・ソングライターにしゆきさんが委嘱された。以前から「紀の国 宮子姫」などご当地ソングで地元をPRしてくれていたが、今回、初の全国流通アルバム発売で活動の場を広げるのを機会に、全国的に御坊や宮子姫をPRしてもらう。県外など外向けの宣伝がいま一つ弱い中ありがたい話で、にしさんの活躍に期待したい。
 PR大使の委嘱式の場では観光協会メンバーが「御坊の観光はまだまだ」と言っていたのが印象的だが、まさにその通りである。寺内町観光推進や語り部育成、宮子姫花かご弁当の開発など、官民が頑張っているが、観光でなかなか〝飯を食う〟ところまではいかない。そんな要因の一つに、まだ地域一丸となって観光に向かって盛り上がれていないことがあると思う。確かに観光用のトイレはあまり整っていないが、寺内町や宮子姫、岩内古墳など磨けば光る素材がたくさんあるのだから、もっと商店街や地域住民を巻き込んで一つの方向に向かえば、きっといいものになっていく気はする。
 かつて英国のエンジニアが発表した戦闘用の「ランチェスター戦略」の考え方の一つに「1の4乗は1だが、1.2の4乗は2.0736」というのがある。これは4人の人がいたとして、現状なら成果は1のままだが、それぞれのレベルをわずか2割ずつ上げれば、約2倍の成果になるという話。会社経営でよく使われるが、これは観光でも何に対しても同じ。みんながそれぞれに意識を高めて取り組み、レベルアップすることが大切だと思う。リーダー的存在も必要だが、1人が頑張ったところで大きな成果は得られない。 (吉)

関連記事

フォトニュース

  1. 花言葉は「楽しい思い出」

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「悪人」「怒り」等、多くの作品が映画化されている吉田修一。最新の映画化作品は藤原竜也、竹内涼真ら出…
  2.  週刊少年ジャンプに連載中の漫画「Dr.STONE(ドクターストーン)」を紹介します。  …
  3.  短歌をやっている母の本棚に20年ほど前からあった著者のサイン入り歌集ですが、今回初めて中身を読みま…
  4.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  5.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
ページ上部へ戻る