そろそろ禁煙考えよう

 5月31日から6月6日の1週間は「禁煙週間」として各地で啓発活動が行われた。1989年に世界保健機関(WHO)が5月31日を「世界禁煙デー」と制定し、厚生労働省が31日からの1週間を「禁煙週間」と定めた。啓発は全国的に行われ、日高地方でも街頭啓発などがあった。
 たばこ産業の「平成25年全国たばこ喫煙者率調査」によると、成人男性の平均喫煙率は32・2%。昭和40年以降ではピークの83・7%(昭和41年)から半分以下に減少。年代別では40代が41%で最も高く、続いて30代の39・9%、50代の36・4%、20代の29・9%、60代以上では23・8%となっている。一方で、成人女性の平均喫煙率は10・5%で、ピーク時の昭和41年から減ってはいるもののほぼ横ばい。30、40、50代のここ数年の推移をみると増加している年もある。
 そんな中、ロシアでは6月1日から禁煙法が強化され、レストランやホテル、カフェなどでの禁煙が義務付けられた。喫煙が許される場所は原則として個人が所有する車内や自宅のみとなり、違反した場合は罰金が科せられるようになるという。また九州大学の調査によると、喫煙者は認知症になるリスクが非喫煙者に比べて2倍に高まることがわかったという。712人を対象に15年かけて調べたとのこと。
 値上げに場所の制限、またこういったニュースが出ると喫煙者は肩身が狭くなる思いだろう。九州大の認知症リスクについては、途中で喫煙をやめたという人は非喫煙者と同じリスクにまで下がったとのことなので、このニュースをきっかけに禁煙を始めるのもいいかもしれない。半年以上禁煙中の筆者も気持ちを新たにしたい。  (城)

関連記事

フォトニュース

  1. 玉に全集中してな

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る