県が内閣府に地方型カジノを提案

 政府の平成27年度予算編成に関して和歌山県は地震・津波対策など8分野、計47項目の提案・要望をまとめ、仁坂吉伸知事が内閣府や総務省、国土交通省を訪問。産業と地域の振興では、カジノの解禁、合法化を目指して国会に提出されている特定複合観光施設区域の整備推進法案(IR推進法案)に関し、地方型IRの検討を求めた。
 カジノについては、安倍晋三首相が最高顧問を務める超党派の国際観光産業振興議員連盟(IR議連)が昨年12月に推進法案を提出。政府のIR推進法案では、カジノやホテル、国際会議場、劇場などを一からつくり上げることを想定した大規模な総合型リゾートが条件となっている。
 これに関して仁坂知事は、▽環境負荷や投資金額が大きい▽埋立地のような広い土地が必要▽都市部集中を助長することになり、日本全体の活性化にならない――とし、すでにあるホテルや温泉、マリンレジャー、娯楽施設等にカジノを追加するだけで特定複合観光施設区域とする地方型IRも可能となるよう、内閣府の西村康稔副大臣に要望した。
 仁坂知事は9日の定例会見で、「カジノも別に否定するものではないし、観光の一要素としてあったらいいと思っているからこそ要望した。和歌山では、人が住んで地域も開発されているところに導入するわけなので、規制は厳しくなければいけない。政府はカジノを国民に『あってもいい』と認めてもらうため、まずはモデルとして大きいもので分かりやすく説明したいという考えがあり、法案の中身も昔のラスベガスやマカオのような新設大規模型になっているようだが、近い将来の第2弾として、和歌山県が提案した地方型IRに道を開いていければ」などと述べた。

関連記事

フォトニュース

  1. 龍が飛び出てきそう

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1. 写真=1点1点じっくり観賞する来館者  みなべ町立図書館ゆめよみ館で14日から、南部高校美術部…
  2.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  3.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  4.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  5.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
ページ上部へ戻る